ZBS TIMES 【旅行記】房総Project ~成田アフター.【外伝】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】房総Project ~成田アフター.【外伝】

DSC00182.jpg
房総半島の猛者。E257系500番台。

日帰りで成田方面まで行ってまいりました。

※鉄は少なめです。鉄は。
今回の参加者は4名の馬鹿が集まっております。

DSC00252.jpg
今回の相棒はこれ。

通称「ボロ」
レンタカーですが色々逝ってますハイ。

これで本拠地本厚木を出発。


・・・・あれ、これLINE IN無くね?

いわゆるBGMはCDのみ対応。


ということでいきなりCD取りに行くためだけに家に帰宅するというカオスなスタート。


本厚木→大船(1時間20分)


無事?帰宅。
IOSYSとInnocentKeyとサンホリをごっそり持ちこむ。
曲選択には困らないなw

その後4人目の使者を迎えに。


大船→戸塚(20分)


もうこの時点で11時超え。のんびりしすぎw

4人集まったということで、100km以上先の成田方面に向かいます。


戸塚→成田(2時間)


途中から高速使ってたんですが、なんで制限速度で走ってんのにびゅんびゅん抜かされるんだかw
しまいにゃトラックという公害に煽られるし。高速道路・・・なんて面白いところ♪

今回の旅行には全くと言っていいほど鉄道には触れません。そういう予定。

ということでここに行きました。

DSC00187.jpg
航空科学博物館。

航空機の博物館ですね。
うちの大学には航空研究部なるものがありますが、鉄研でも航空機に興味ありすぎな人が多々いますが、あくまでも鉄道研究部です。

ちなみに僕は航空機については無知です。戦闘機ならわかるよ!

とりあえず内部の展示物を見に。

DSC00191.jpg
なんか飛行機。模型。
なんかすごいやつらしい。

DSC00192.jpg
ジェットエンジン。原寸大。
とんでもなくでかい、音もでかい。

DSC00199.jpg
1階パノラマァ。
主にボーイングなんとか系が多いですね。

DSC00200.jpg
2階。日本で始めに飛んだ飛行機だそうです。
どうやったらこれが飛ぶねん。

DSC00201.jpg
小さい模型。
自殺用・・・?死ねるてw

DSC00204.jpg
でかい地球儀。
フィリピン辺りがヤバいです。

DSC00205.jpg
2階のヘリグロ。
内部が丸見えです。

内部展示はこれくらいかな。
次に3階の展望スペースに。

DSC00206.jpg
成田空港が見えるとこですね。

DSC00209.jpg
こっちの風景は北海道です。
本当にありがとうございました。

ちょっと時間待ってると

DSC00224.jpg
真上を飛行機が飛んでいく~
音すごいすね。ここら辺の家は防音なのかしら。

その後5階へ移動。
DSC00231.jpgDSC00230.jpg
管制塔の施設のようになってます。
こういうところで飛行機に指示出すんですねー

館内をうろうろして、外に移動。
クーラーが恋しくなるなぁw

とりあえず外に保存されている機体をどどんと載せてみる。
DSC00186.jpgDSC00188.jpgDSC00190.jpgDSC00236.jpgDSC00237.jpgDSC00233.jpgDSC00234.jpgDSC00241.jpgDSC00242.jpgDSC00244.jpgDSC00246.jpgDSC00247.jpgDSC00248.jpg
飛行機、ヘリコプターが大量です。
中には内部見学できるものもありました。
航空オタにとってはたまらんでしょう。

まぁこんなことしてる間にも
DSC00250.jpg
飛行機がどんどん飛んでいきます。
流石成田空港。山手並みのダイヤw

見学後車で移動。
クソ・・・なんで冷房死んでるんだ・・・

DSC00260.jpg
さくらの丘公園というところに来ました。
どうやら飛行機撮影の名所だそうです。

DSC00258.jpgDSC00259.jpg
公園はこんな感じ、広くて気持ちいい場所ですね。
飛行機撮る人たちが結構いましたが、何せ僕はコンデジ。空高く飛んでいるものを撮るなんてそんなこと出来ませんw

ということで屋外でお絵かき。
ルーミアとか輝夜とかアリス書いてました。
書けと言われたら書くしかない。

もう1か所ポイントがあるそうなので車で移動。
更に言うとこの子トランクも開かないんですよねぇ。



そして事件が起こる

移動中の出来ごと。


カタカタカタカタカタ・・・・・・

ボンネットからみょんな音が・・・


カタカタカタカタ・・・
明らかに異常音ですね。

たしかにこの車ぼろさんですけど・・・

とりあえず目的地まで行ってレンタカ屋に電話することに。


その目的地手前でボロが出ました(ボロだけに)


そのときZeBonは思った。(運転はしてない)

Z「これ今エアコン付けたら車死ぬんじゃねwwww」

ええ、冗談半分でした。エアコン付けて車壊れるとか聞いたこと無いし経験したこと無いしw


エアコン始動

おお、エアコン直ったw冷えた風が来るよ!

目的地に右折して入ろうとした時



カタカタ・・・ガタガタガタガタ・・ボボボ・・・
更には

クラ「え?ハンドルクソ重いんだけどw」



エンストしやがったこいつ

とりあえず復帰するも。

カタカタカタ・・・
明らかにヤバい音。

とにかく止めることに。


なんとか停車。

クラ「レンタカ屋に電話してるから先いってて」

というので先行。

しかしそんなトラブルも気にしないのが我々鉄研である。
DSC00297.jpg
さくらの山公園。
ここでは飛行機の着陸、離陸がよく見えます。

DSC00262.jpg
全体はこんな感じ。
もう相当暗くなってきてます。

DSC00265.jpg
着陸前のB767・・・だっけ?
結構撮影にも厳しい条件になってきました。

DSC00266.jpg
アメリカン航空の機体。
車種は知りません。この後に離陸します。

DSC00270.jpg
JALのB767・・・多分。
航空機はほとんど無知なんで、すいません。

そろそろ飽きてきたので散歩してると
DSC00271.jpg
鉄道発見。京成のだと思われ。
しばらく待ってると

DSC00277.jpg
京成スカイライナー。AE系。
この時間にもなると動く物を撮るのが不可能になってきます。
今度は昼間に来たい。

DSC00292.jpg
コンデジ最後の意地
この暗さでは一番の出来です。

そしてなんだかんだしてるうちにクラさん登場。

クラ「車使用不能になったんで鉄道での帰宅になりました♪」

一番近い駅は・・・成田駅。
DSC00299.jpg
車はレッカーで運んでもらい、我々は公共交通機関で成田駅に。

あ、きちんと交通費は出してくれるそうです。
レンタカー代もおじゃんになりました・・・あれ?

DSC00308.jpg
そして結局成田駅。
締めはまさかの鉄道。

DSC00307.jpg
211系電車。なんかいたw

DSC00310.jpg
我々が乗るのはこれ。
行く予定だった成田空港へ電車で行きます。
乗りなれたE217系で。


成田→成田空港


DSC00311.jpg
まさかの鉄道で凱旋w

DSC00312.jpg
広いですねぇ。
昼間はさぞ人たくさんいるんでしょう。

夕飯を食ってないので、空港内で探すも・・・
ほとんどが閉店済み。あいてるのは地味に高いところとローソン。

ええ、ローソンで即決しました。

ローソンで弁当購入。
DSC00315.jpg
屋外で食事。
何してんだろw

DSC00314_20100812021424.jpg
目の前には大韓航空。
空港内を一望しながらコンビニ弁当。・・・VIP

DSC00317.jpg
食事後構内うろうろ。
誰もいないです。21時ですしねw

DSC00319.jpg
もちろん我々は鉄道研究部。
これに乗らないわけがない。

DSC00322_20100812021418.jpg
特急成田エクスプレス。

これが俗に言う終特急。
まさかこんな感じで乗るとは・・・

DSC00324.jpg
隣には最終スカイライナー。
無理やり撮ったあれはいったい・・・

DSC00326.jpg
大船まで乗り換えなし!
まさに僕の為の特急w

DSC00323.jpg
車内。めっさきれい。
最近の特急はすごいなぁ。

DSC00330.jpg
座席になんてコンセントついてるんだぜw
使用しませんけどねw

DSC00332.jpg
いつものアングル。
今回は洋ナシジュース。うまいよw

DSC00327.jpg
空港第2ビル出ると東京という超特急レベル。
東京以南?ああ、成田特快な。


成田空港→大船(1時間50分)


DSC00334.jpg
基本寝てるか、ゲームしてました。
東京以南は残念特急として楽しみました。

DSC00336.jpg
大船着(切符はキチンと頂きました♪)

そして家に到着。

こうして14時間を超える旅は幕を閉じたのであったとさ。


→「東京Project ~PSP DS to TAKEO.」に移動します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/08/12 02:45 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ