ZBS TIMES 【A-02】PSPとかゲームとか
FC2ブログ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【A-02】PSPとかゲームとか


東方講座
~第一回東方講座~


PSPとかゲームとか ルート氏






始めまして、そうでない方はこんにちは。あなたの永遠の心の親友(とも)、ルートです。

今回、Zebon@TNSさんのブログ 「ZBS ~Game&Touhou&Diary~」 にて、
[ ZeBonStreet6周年記念+30万HIT記念 ] として是本東方祭が開かれることになり、
私も僭越ながら、「東方講座」 開かせていただくことができました。

有名な同人サークル、「上海アリス幻樂団」様によって製作された、弾幕系シューテングゲーム、「東方」 の
講座を開かせてもらえ、真に嬉しく思います。
しかし、私としても東方は初心者の身、人に教える技量なんて一欠けらもありません。逆にこちら側が教わりたいくらいです。(綺麗な御姉さまに)

ですが、わざわざ私のような未熟者に「東方講座」を開くスペースを与えていただき、
「ZBS ~Game&Touhou&Diary~」管理人、Zebonさんには大変感謝しております。
心より、感謝の言葉を伝えたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※以下、東方講座に関わらない無駄な文章が記述されています。
  興味ない方は読み飛ばして結構です。てかもう飛ばしてください。
  見てしまったという方は、それを胸の中に収め、今後生を受け、生まれてくるあなたの子供
 に話してあげてください。
  世の中にはこんな人がいるんだよ、と。ルートさんは、英雄らしく散っていたんだよ、と.............。


「ZBS ~Game&Touhou&Diary~」を閲覧している方なら分かると思いますが、実際はむちゃぶりです。→問題記事
何も知らされていないうちに、是本祭にて [ルートさんによる東方講座] というスペースを作られ、
断るにも断れず、東方講座を開かせいただくことになりました。

知っている方自体いないと思いますが、私27日までテストゆえ、猛勉強をしていたのです。
テストがせっかく終わったというのに、27日は塾でした。
眠気の抑え塾を終え、あぁ、早く家に帰ってネット三昧だ、と思った所に一件のメール。
開いてみると、そこには”まさか”というべき文章が。

(・w・)「東方講座できた~?」

正直私の本心を書かせていただきますと、この文章は冗談だと思いました。
ですがメールを進めていくと、どうやら私は本当に東方講座を開くことが、是本祭のプログラムに入っている模様。
もうここまできたら断れません。やるしかないです。Zebonさんの頼みとあれば、断るわけにはいきません。
Zebonさんによると、原稿は28日に完成させて欲しいとのこと。
うん、1日しかありません。オワタですね。\(^o^)/オワタ

まぁ私は暇人です。友人いわく、

「貴様は暇の塊。貴様に忙しいという言葉は無い」

だそうで。
時間なら余ってるはずです。とりあえず書くことにし、この文章に至ったわけです。

これが、私が今回の「東方講座」を書かせていただくことになった経緯です。
冷静に考えれば、「東方講座」にはこんな文章不要、書くべきでは無いのですが、あえて書きたいなと思い、書かせていただきました。
どうでもいい愚痴文章を読んでいただき、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。



以下、東方講座文章。





東方講座というわけですが、実際何を書いたらいいか分かっていません。
Zebonさんからは、「何でもいいb」と言われましたけど、思い浮かびません。
ということなので、簡単に東方について説明したいと思います。


まず、「東方」という言葉について。
今これを読んでいるあなたは、「東方」、または「東方Project」という言葉を聞いたことはありますか?
まぁZBSに来ている時点で「東方」という単語は目にしていると思いますが、あえて聞きます。
いわゆる、”お約束”というやつです。

「東方神起なら知っているけど・・・」「あれだろ、どうせ萌えゲーだろ?」「ギャルゲオタキモスwwwプギャーwww」
全く知らない人、あるいは東方自体詳しくない人が答える回答としては、こんな所でしょうか。

「萌えゲー」「ギャルゲー」。そう勘違いしてしまう人もいると思います。
原因としては、二次創作が原因でしょうか。
これは後で解説したいと思いますが、大手動画サイト「Youtube」や「ニコニコ動画」で東方と検索すると、大半は二次創作物が多いです。
その動画のイラストなども、”萌え”に分類するものが多いと思われます。
これだけを見たなら、東方が”萌え”に分類する動画なのだと、勘違いしてしまうのも無理はないでしょう。
実際、私も過去はそう思っていました。

ですが、誤解を解くため、正確に答えます。
東方は「東方Project」の略であり、上海アリス弦樂団という大手同人サークル様によって開発された、
「弾幕系シューティングゲーム」です。

シューティングゲームについては説明する必要はないでしょう。
自機を動かし、弾を撃ちながらステージを進んでいくあれです。
東方も同じで自機を動かし、ステージを攻略し、ボスを倒していくものです。
ですが、これではそこらのシューティングゲームと変わりないでしょう。

東方の一番のポイントといえば、その鮮やかな「弾幕」です。
華麗で繊細、それは一種の芸術というべき鮮やかさを見せ付けてくれます。

もうひとつのといえば、その「音楽」
ゲーム中流れる音楽、いわゆるBGMですが、ただのBGMと侮るなかれ。
どの音楽もクオリティが高く、かなりの人気があり、東方の人気に拍車をかけています。
東方のBGMを自分たちでボーカルアレンジし、それをCDで販売している人も大多数います。
東方の二次創作物では、このアレンジCDが非常に多く、それだけ東方のBGMが人気が有ることが分かります。
また、音楽から東方を知った、という方も多く、ゲームより音楽を好む人もいます。
私としては、音楽の方が若干好きですね。主にボーカルアレンジが好きです。
学校の給食中に東方の音楽が流れるとテンションが上がります(`・ω・´)


では、次は東方の作品について解説します。

「東方Project」は、現段階で12作品あり、PC-98版は5作、Windows版は7作です。
また、対戦型格闘ゲームとしての東方が3作あります。

PC-98の作品は、

「東方靈異伝 ~ Highly Responsive to Prayers」
「東方封魔録 ~ the Story of Eastern Wonderland」
「東方夢時空 ~ Phantasmagoria of Dim.Dream」
「東方幻想郷 ~ Lotus Land Story」
「東方怪綺談 ~ Mystic Square」


の5作です。
上から順に、「れいいでん」「ふうまろく」「ゆめじくう」「げんそうきょう」「かいきだん」と読みます。
これらの作品は、当時は「上海アリス幻樂団」というサークル名ではなく、「ZunSoft」というブランド名で販売されていました。
この5作は現在販売終了となっているため希少価値が高く、手に入れるのが困難です。


Windows版は、

「東方紅魔郷 ~ the Embodiment of Scarlet Devil.」
「東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.」
「東方永夜抄 ~ Imperishable Night.」
「東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.」
「東方文花帖 ~ Shoot the Bullet.」
「東方風神録 ~ Mountain of Faith」
「東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.」
「東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object.」


の7作+1作です。「東方文花帖」は、9.5作目とされています。
上から順に、「こうまきょう」「ようようむ」「えいやしょう」「かえいづか」「ぶんかちょう」「ふうじんろく」「ちれいでん」「せいれんせん」と読みます。
旧作「怪綺談」から4年後に「上海アリス幻樂団」というブランド名で販売され、「紅魔郷」から始まりどの作品もかなりの人気があります。
この作品は旧作と違い、東方の依託店では数多く販売されているので、購入が容易にできます。
金額も1000円とちょっとなので、お小遣いのない小学生や中学生でも簡単に買えるでしょう。

今まで多くの作品があるわけですが、実際どの作品からやったらいいのでしょうか?
やはりWindows版の最初にでた「紅魔郷」から?それとも最新作の「星蓮船」?

答えは、「どれでも良い」でしょう。
無論、「紅魔郷」からやってもいいわけですし、「星蓮船」からでもOKです。間を取って「風神録」あたりでもOKです。
自分の好み、もしくはPCのスペックと相談してください。
東方は比較的低スペックのパソコンでも動きますが、よほど酷いと筆者のように満足に動かない場合があるので。

どれでも良い理由ですが、東方は何作も出ているわけですが、どれもストーリーが繋がっていません。なので、どの作品から始めてもいいわけです。
ですが完全に繋がっていない、というわけではありません。少しぐらいの繋がりは有りますが、どの作品から始めても楽しめるはずです。
便宜上この作品群を「東方シリーズ」と呼称していますが、神主ZUN氏が言うように、「東方は『シリーズ』ではない」のです。
まぁ登場人物などの関係もあるため、気になる方は「紅魔郷」からやり始めればいいかもしれません。
公式HPには体験版も公開されているので、一度ダウンロードしてみてください。



対戦型弾幕格闘ゲームの東方ですが、全部で3作で、

「東方萃夢想 ~ Immaterial and Missing Power.」
「東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody.」
「東方非想天則 ~ 超弩級ギニョルの謎を追え」


の3作です。
どの作品も、「黄昏フロンティア」との共同プロジェクトで開発されたソフトであり、本来の東方の弾幕STGではなく、対戦型の格闘ゲームとなっております。
また、作品を持っている人同士でネット対戦もでき、日本中の人と対戦ができるわけです。
ストーリーもちゃんとあるので、格ゲー好きの方は楽しめるでしょう。


東方の大まかな作品は以上ですが、他にも漫画・小説などの書籍展開や、「幺樂団の歴史」シリーズとして、サウンドトラックも販売されています。
コミケなどでは、同人誌や音楽アレンジCDも多数売られています。
来年の3月には、関東地方にて大規模な東方オンリー同人誌即売会 「博麗神社例大祭」が、
毎年の秋には西日本にて、「東方紅楼夢」が開催されています。

東方に興味が沸き、大ファンになったら是非参加してみてください。
ZebonさんもIORI工房の一員として例大祭に参加予定だそうです。(受かったらの話。)
例大祭にいったら是非行きましょう(`・ω・´)
ですが、必ず行く前はマナーなどについて確認しましょう。
マナーについて解説しているサイトもありますし、ニコニコ動画では動画を使って解説している人もいます。
是非活用させてもらいましょう。


「東方Project」については以上のような感じです。
もう少し詳しい説明、分かりにくい点があったら実際に購入してプレイしてみてください。百聞は一見にしかず、です。
遠いので買いにいけない、お金がない、という場合は体験版で東方の感じに慣れといてください。


では軽く登場キャラに触れておきましょう。

主人公、自機キャラは主に二人で、「博麗 霊夢」と「霧雨 魔理沙」の二人です。

詳しい説明はウィキ先生に聞いてください。
いや、この講座自体もWikipediaと同じ内容なので、ぶっちゃけWiki見たほうが早いよね、ってことなのですが、他に解説することが見つかないのです。
それでも見てくれているそこの君。ありがとう、お礼にオプーナを購入する権利を与えよう。




簡単に説明しますと、


『博麗 霊夢』
巫女さんです。博麗神社という、幻想郷にとって結構大事な場所の巫女さんをやっています。
性格は裏表の無い性格で喜怒哀楽が激しく、少しツレない態度を取ることが特徴。
服装は赤と白を基準とした、紅白色の露出度が高い巫女服を着ており、常に見えてる脇が特徴です。故に腋巫女と呼ばれています。
公式絵ではあまり胸が無いように書かれていますが、二次創作などでは色々違いがあります。
私は断然巨乳派です。なんと言おうときょにゅーです。異論は認める。 そこ、白い目で見るな。照れるわ。
髪色は黒。髪型は作品ごとに変わっていますが、二次創作ではポニテが多いように感じられます。ポニテ良いよねポニテ。

能力は主人公と言うべきか多彩で、「空を飛ぶ能力」や「霊気を操る能力」、「博麗の巫女としての能力」などがあります。
攻撃方法も色々あり、「ホーミング」や「封魔針」など、用途様々です。
私としては針装備が好きですな。弾幕はパワーだぜ。

巫女さん。良いよね巫女さん。そこのあなたも巫女さん好きでしょう?
でも私は早苗さんが好きでしてあぁでも霊夢もしかしちぇんもすてg(ry



『霧雨 魔理沙』

魔法の森に住んでいる魔法使いです。女子なので魔女かもしれませんが、魔法使いで良いんでしょうね。
主人公という位置づけにいますが、ZUN氏も言っているとおり若干影が薄いです。
性格は奔放、「~だぜ」などの男口調を話しますが、一人称は「私」です。乙女なのです。
外見は黒を基準としたドレスを着ており、それに白いエプロンを着ています。
髪色は金髪のロングヘアー。それに黒いトンガリ帽子を被っています。

能力は「魔法を使う程度」の能力で、人間にしてはかなりの魔法を使う模様。
いつも箒に乗って飛んでいますが、箒なしで飛べるかは不明。気にしないのが一番でしょう。

攻撃方法としては派手なものが多く、彼女の使う「マスタースパーク」は彼女の代名詞となっています。
攻撃力も高く、ガンガン攻撃したい方は魔理沙を使うと良いでしょう。弾幕はパワー(ry

魔理沙は友人にて人気が高いですね。男勝りな口調がツボだとか(´_ゝ`)

東方には多彩なキャラが登場します。それも全部女の子。わはー
吸血鬼やメイドさん、妖精や巫女さん、神だとか妖怪だとか普通の人間だとか。
きっとあなたの好みのキャラがいるでしょう。ロリも巨乳もババ(ryもなんでもござれ。
だが早苗さんは譲らん。反論は認めん。

清浄無垢、敬語を話す控えめな巫女さん。それでいてきょにゅー。やっべ、テンション上がってきた。
巫女さんだよ。敬語を話す巫女さんだよ。もうストライクど真ん中ありがとうございます。
あぁもう俺幻想郷いきてピチュ-ン


自重しました。テンションを落ちるつけるには温かいホットミルクが一番ですな。


あ、幻想郷の紹介を忘れていました。

幻想郷とは簡単に説明しますと、現実の世界と結界で遮断されている世界のことで、そこに霊夢などの東方のキャラは存在していて、東方のメイン舞台です。
遮断されているので異世界、というわけではなく、陸続きで続いている世界のようです。
500年以上前に人間の文明が発達、妖怪の勢力が弱まってしまったため、八雲紫の能力で現実の世界と遮断したというわけです。
以降、現実世界で幻想となったものは幻想郷に流れ着く、ということになりました。

幻想郷は博麗大結界により、妖怪でも出入りができないようになっているのですが、風神録組のようになにかしらの入る手段はあるようで。
また、「神隠し」というは紫が幻想郷に人間を招く現象であり、外から来た人は外来人と言われます。
つまり、がんばれば私たちも幻想郷に行けるというわけです。頑張ろうぜ!みんな!!


さて、キャラ紹介は終わったわけですが、次はシステムについて説明したいと思います。
てかもう正直言って眠いです。現時刻深夜の4時です。

東方Projectには、「スペルカード」というものが存在します。
これは、幻想郷での揉め事を解決する際、人間と妖怪では力の差が激しいため提案された戦う際のルールのようなものです。
戦うルールですが殺しあうというものではなく、追い討ちをかけて相手を殺すことは禁止されています。

ゲーム内でもこれが使用されており、シューティングゲームでいうボムとして使われます。
ボスは様々なスペルカードを使ってきて、どれも華麗なものばかりです。
また、戦闘中ボムを使わない・被弾しない、という条件を満たして相手のスペルカードを攻略することにより、そのスペルカードを取得することができます。
オールゲットを目指して頑張ってください。


次に「喰らいボムシステム」

名前で連想できるかもしれませんが、これは被弾をした瞬間にボムを使うことにより、そのミスを帳消しにすることができるシステムです。
ですが、使うタイミングは被弾した瞬間の数フレームとされており、被弾確認後の使用は不可能とされています。
永夜抄では「ラストスペル」としてこのシステムが組み込まれており、喰らいボムが非常にやりやすくなっています。
このシステムを使いこなすことができるのならば、あなたは立派なシューティンガーです(なんぞ



そして、「アイテム自動蒐集」

作品によって条件はことなりますが、画面上部に自機を移動させることにより、その画面上に出現しているアイテムを全て集めることができるという、非常に便利なシステムです。
デメリットな点としては相手側に突っ込むことになるので、それさえ注意してバンバン使いこなしましょう。


大体東方について説明できたでしょうか。
とりあえずゲームに関しての解説は以上です。ストーリーの背後関係などは自分で調べてください。
後は筆者から、東方で行き詰っている方へのアドバイス。

クリアできないという方へ。

まず最初に、ボムを抱えたまま死んでませんか?
ボムを抱えたまま死ぬパターンは、非常に最悪と言われています。
確かにボムを使うのは勿体無い、途中で切れたら不安。 という考えも分かります。
ですが、一度気にせず使ってみてください。楽々ステージを進めるはずです。

もしボムが切れてゲームオーバーになった、という方。
今度はかわす練習をしてみてください。
自機を動かしすぎるのは駄目です。東方は弾幕STGのため、敵弾の数が非常に多く、うかつに動き回っていると逆に被弾してしまいます。
アイテムを集めるのも良いですが、あまり調子に乗って動き回るのはNGって事ですね。

あとは努力と慣れです。何度もプレイして、敵の弾幕に慣れてみてください。
殴られて、殴られて、ボコボコにされた時に見える道もあるのです。..........Mではないと言っておく。
ようするに、習うより慣れろ。好きこそものの、上手なれ。東方が好きならすぐにうまくなるはず。
少しずつうまくなれば良いのです。他人に認められるとかそういうのではなく、自分で満足できれば良いのです。
あの弾幕がかわせた。やっとこのステージに来れた。そういう些細な喜びを、少しずつ味わっていってください。

自分も初心者、他人にはどうこう言う権利もアドバイスする技術力も文章力も、度胸もありません。
ですが、私が私なりに必死こいて書いたこの文章が、誰かの目に通り、その人に何か伝える事ができれば嬉しいと思います。


如何でしたでしょうか、今回の東方講座。
私としてもこれほどの長い文章を書いたのは久々のため、大分文章が乱れていると思います。

それにも関わらず、最後までこの長い駄文章を読んでくれた方、心より感謝を申し上げます。
そして、文章力が無く、とても読みにくい文になってしまったこと、深くお詫び申し上げます。


「東方」、まだやっていない方は是非やってみてください。
既にプレイ中の方。ゲームはほどほどにね。

では、素晴らしい東方ライフをお送りください。


いつまでも夢を見続ける永遠の少年 ルート

関連記事
スポンサーサイト



[ 2000/11/29 00:00 ] 東方Project | TB(0) | CM(4)
ルート君・・・頑張った、うん・・頑張ったよ、君は・・・TNSめ・・・ルート君にこんな長文書かせやがってッ!

ためになりました(`・ω・´)
[ 2009/11/29 18:36 ] [ 編集 ]
長文お疲れサマです^^
紅魔郷で挫折した俺ですが。。知らないことだらけ
でしたねww この記事を機にもっかい頑張ってみます。
[ 2009/11/29 21:54 ] [ 編集 ]
長く東方をプレイしていましたが
知らないことがたくさんありました
さらに楽しく東方がプレイできそうです
長文お疲れ様でした
[ 2009/11/29 23:28 ] [ 編集 ]
よし、東方やってくる
[ 2009/11/29 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ