FC2ブログ

ZBS TIMES

東方、駅メモ、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】北米Project ~First time in USA.【鉄道博物館編①】

20190507_174426364_iOS.jpg
2019年5月6日から12日まで
アメリカに連れ去られていました記の第6話です。

サンフランシスコとは違い少し落ち着いた町サクラメント。
カルフォルニア州の州都で行く先は・・・

※この旅行記では「ただ行っただけ」な内容になります。
観光地等の写真について説明がなかったり間違ってたりします。
今回はマジでないから。

並行路線

20190507_170553913_iOS.jpg
CALIFORNIA STATE RAILROAD MUSEUM
さぁメインディッシュ、鉄道博物館です!
アメリカには多くの鉄道博物館がありますがその一つ。
メインの館は1976年にオープン。州立ですので公営施設(どこぞの国とは大違い)
地味にJR東日本大宮鉄道博物館と姉妹関係にありますが、これは追って。
ちなみに入館料は12ドル。安い!

IMG_0103_202005302330490da.jpg
引いて外観。
スクールの社会科見学も見られました。

IMG_0105_2020053022351168d.jpg
サラッと見ていきましょう。まずはダイヤ。
サクラメント駅で使用していたモノかな。

IMG_0107.jpg
Central Pacific Railroad No. 1 Gov. Stanford
展示方法すげぇ。1号機関車スタンフォード知事号。
なぜ知事という文字を入れてしまったのか。1862年製造の蒸気機関車です。

IMG_0109.jpg
そのまま模型コーナーにイン。
ここ最後に見るとこやろと思いつつも。。。

IMG_0111_2020053023272246f.jpg
森林鉄道のジオラマ。

IMG_0110_20200530232822732.jpg
扇型車庫。
どれも出来がいいですね。スケールが大きいのもいい。

IMG_0113_20200530224632ae7.jpg
模型ですがアメリカ型を中心に展示されています。当たり前だけど。
ちなみにアメリカだとHOゲージ以上が主流な感じですね。
あと安いです。日本型の10分の1の価格で機関車が買えたりします。

IMG_0118_20200530224834d07.jpg
スケールの紹介もあります。
ZゲージからOOゲージまで。NゲージはKATOでした。流石。

IMG_0121_202005302249527a6.jpg
Nevada Short Line No. 1
2階ですがここにも展示されています。
3フィートゲージ、914mmでまた微妙な軌間のSL。
後ろには貨車なども繋いでいます。(331号有蓋貨車-145号タンク車-2号車掌車)

IMG_0122_20200530232958a39.jpg
おっさん。名前つけなきゃ。ジョニーでいいかな。

IMG_0131_202005302258187e8.jpg
通称葬式列車。8軸もあってキモイ。

IMG_0132_202005302259099a4.jpg
アメリカでも高速列車の構想があります。
これがイメージ図ですが、完全に700系。塗装も派手。

IMG_0135.jpg
East Japan Railway Series E5 Shinkansen
死ぬほど見覚えのある何かが登場。E5系の新幹線モックアップです。
2015年11月にこのシミュレータを設置。
その後2016年4月に鉄道博物館と姉妹館の提携を結ぶきっかけになりました。
ちなみに運転席のモケットがE2系廃車発生品であろうというのは黙っておきました。

IMG_0136_20200530230853f42.jpg
世界の高速鉄道の模型も展示していました。
N700の方がポピュラーじゃないかと思いつつもスルー。

IMG_0139_202005302315367e2.jpg
世界の高速鉄道網の図の日本。
謎の羽越・奥羽新幹線、山陰新幹線、四国新幹線があったり
北海道新幹線の南線は無く北線と東線はあったりと。何かと変だけど誰も気にしない。

IMG_0141_20200530231745431.jpg
0系の写真も
高速鉄道エリア、そこそこ日本推しなの良かったですね。

IMG_0143_202005302320560de.jpg
入り口まで戻ってきてしまった。
順路が無いのでそこそこ迷い。
1号機関車をまた見つつ。本館に。

IMG_0145_202005302322010d6.jpg
1869年4月28日の立て看板。
1日で10マイルの線路を引いたぞ!(ドヤァ)
であってますかね?

ということで気を取り直して次のエリアに向かいます。

→鉄道博物館編②
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/05/30 23:32 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

プロフィール

是本

Author:是本
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ