ZBS TIMES 【旅行記】北方Project4 ~Welcome to Hokkaido Park.-Part14-【神居古潭→Canada】
FC2ブログ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】北方Project4 ~Welcome to Hokkaido Park.-Part14-【神居古潭→Canada】

DSC_9949.jpg
2017年5月3日~6日、人々は北の大地へ向かう。
第14話「はいおく」

最初:第1話「ほっかいどーちほー」
前:第13話「はいえき」
DSC_9943.jpg
神居古潭を出発し再び北海道の道路に。
多分ジャガイモかなんかの畑

DSC_9945.jpg
深川市
カントリーサインの旅はさすがに・・・いや、やらないです。

DSC_9951.jpg
北海道名物、真ん中に縦文字を入れると一瞬でどうでしょうになるアングル。
北海道だからこそやらないと
そして突然それは目の前に。。。

DSC_9952.jpg
!?
カ、カナディアンワールドだと?道央にまさかのアミューズメント施設か!?
これは広大な施設なんやろなぁ~

DSC_9953.jpg
これが入り口である
え?なにこれ?車のまま入っていいの?
いわれるがままに侵入

DSC_9954.jpg
お、それっぽい教会あるやんけ。
いや、これだけでテーマパークと位置付けるには厳しい。もしかしたらただの道かもしれない。

DSC_9955.jpg
あっ!遠方に集落が!
そうこの広大な敷地こそがカナディアンワールド”跡地”である。

DSC_9960.jpg
カナディアンワールド、1990年に芦別炭鉱斜陽化の一環として開園。
国内最大のカナダをテーマとしたパークとして期待されるも、1年でパークの危機に。
1994年には北海道ご自慢の冬季休業が開始。このパークの危機で当時の市長が辞任。
そして1997年に閉園と超速で幕を閉じた。しかし1999年、民営から公営地となり同地を公園として再開園。
いろいろ縮小なども進み今に至ります。いわば公営廃墟(手入れあり)。バブル期に設計バブル後に開園と行ったのが原因か。

DSC_9961.jpg
そんな公営廃墟を回ります。まぁ公営なので、スタッフはちらほらいるようです。
観光客はいません。GW真ん中なのに・・・・
最初はこの集落です。おそらくこの公園で一番人がいないといけない場所。
大丈夫数人いるわ。

DSC_9962.jpg
この前には池もあります。
漕ぐタイプ白鳥船がうろうろできそうなくらいには広いです。

DSC_9965.jpg
1、2軒だけ解放されている建物はありました。
このうなだれてる熊の家でしょう。中は当たり前ですが洋風。

DSC_9964.jpg
カナダと日本の国旗。主にカナダの歴史とか。
赤毛のアン関連の展示があります。アン知らないから何もできないんですけどね

DSC_9966.jpg
カナダの鉄道についてもちょろっとあります。
カナダについては黒鉄重工に行けば大体わかる。日本のブログだとあそこくらいしかない。要チェックだ。

DSC_9967.jpg
車両も置いてありました。
レールが周回していたから走れるんでなかろうか?

DSC_9968.jpg
赤毛のアン関連の展示です。
全くわからんのでそうですかーとしか言えません

DSC_9971.jpg
カナディアンワールドの全体図。1周2.6キロ。それなりの広さ。定期的にレース開いてもいいんじゃないかという。
ちなみにここでこれを撮っておかないと以後移動に困ります。
もちろんパンフレットなんてないし、この先道しるべもありませんので。結構見落とします。

DSC_9972.jpg
再度外へ。というかもう外に出るしかありません。
なぜなら大半が廃屋だから。昔はお店とか入ってたんだろうか。

DSC_9973.jpg
築28年くらいですが。流石に手入れされているので
そこまでボロボロにはなっていませんね。雪の時期とか大丈夫なのかな。

DSC_9974.jpg
アングル次第では廃墟に。
これを白黒にしてぼくのフレンズを流すとあっという間にけもフレEDになります。

DSC_9977.jpg
ゴールデンウィーク中日のテーマパークの姿。
ちなみに最盛期の客数は27万人だったそうです。今は万も行ってなさそう。
それでも14年にNHKの連続テレビ小説のおかげで少し回復したそうな。

DSC_9979.jpg
忘れちゃいけないのはここはカナダだと思い込むこと。
カナダの廃墟はこうなる。覚えましたし。。。

ということでカナディアンワールド編。開始です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/06/03 22:41 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ