ZBS TIMES 【旅行記】北方Project4 ~Welcome to Hokkaido Park.-Part11-【三笠ジオパーク】
FC2ブログ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】北方Project4 ~Welcome to Hokkaido Park.-Part11-【三笠ジオパーク】

DSC_9808.jpg

2017年5月3日~6日、人々は北の大地へ向かう。(1年遅れ確定)
第11話「こうざん」

最初:第1話「ほっかいどーちほー」
前:第10話「はいえき」
DSC_9833.jpg
鉄道村から離れ、次の場所に到着。
建物が何者かに襲撃されてますね。まぁあの建物自体は無視なんですが。。。

DSC_9835.jpg
自然が広がるこの場所は三笠ジオパーク幾春別炭鉱跡。
北海道といえばお馴染みの炭鉱がここにもありました。夕張に続き二か所目の廃炭鉱巡りです。
時間的に全部は厳しいので見れるとこ見ていきます。

DSC_9836.jpg
歩道はしっかりと整備されていて巡りやすくなっています。
なお、このジオパーク、普通に見てまわると往復3時間コース。
時間はすでに夕方前なので、3分の1くらいいけたらよいほう。

DSC_9837.jpg
廃線跡。もちろんこっちにも鉄道が通っていました。
三笠駅からぴゅーっと伸びてたようです。

DSC_9838.jpg
地層が出ていますね。こちらが幾春別層。
5000年前の河川の地層だそうです。そら石炭も量産だわ

今回見に来たのはこれではなくこの先の建物です。

DSC_9841.jpg
幾春別炭鉱錦立坑櫓。
道内最古の現存する立坑櫓です。

DSC_9843.jpg
昔はこれがグルんグルん動いてたんでしょうね。
細かいことは知りませんが、アナログな機械もまたいいものです。

DSC_9844.jpg
建物内部ものぞけます。終末感半端ない。
ケッテングラートで巡ればあれのそれっぽくなりそう

DSC_9851.jpg
いろいろ撮ってはいるが、とりあえず撮ってるだけで
実際はわからん、状態。雰囲気がいいのだ。雰囲気を楽しむのだ。

DSC_9852.jpg
もう一つ建物があります。
こちらは全く説明なし。

DSC_9853.jpg
建物内部です。壁無し一室。いわゆるワンルーム(トイレ風呂無し)
ザ・廃墟です。内部ですが、相合傘系の落書きが多いです。
確認しただけで1966年から2000年までの落書きがひしめき合っています。

DSC_9863_201804232236077a9.jpg
続いてこの建物のほぼ直下。錦抗坑口があります。炭鉱の入り口。
今は完全にふさがれていますが、いまだに水が流れ出ています。
というかにおいが完全にヤバイ系のアレです。

DSC_9864.jpg
表札。

DSC_9865_201804232238582b5.jpg
坑口。ここから石炭なりなんなりを出してたとか。
今では硫黄交じりの白い水が出てきています。

DSC_9866.jpg
他にも坑口が見られます。
その気になれば入れるがもれなく死ぬというやつ。

DSC_9867_20180423224217326.jpg
坑口前の川というか水の流れ。
飲んだら確実に人体に直ちに影響が出そうな奴。

DSC_9870.jpg
散歩継続。
石炭がむき出しになってる場所。黒い部分がそれってわかりにくいな。

DSC_9873.jpg
地層ネタ。こちらは垂直になってる地層。
本来なら横に積みあがっていくものですが、断層のずれとか云々でぐにゃりと曲がります。
いわゆる山脈とかその一種ですが、目に見える形で見れるのはなかなかというやつ。

DSC_9874_20180423224710072.jpg
以上ジオパークの入りの部分だけをお送りしました。
次回やっと二日目最終回。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/04/23 22:48 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ