ZBS TIMES 【特・旅行記】西日本Project ~Workers Weekend Travel.-Part11-【鹿屋基地②】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【特・旅行記】西日本Project ~Workers Weekend Travel.-Part11-【鹿屋基地②】

DSCN8892.jpg

C93新刊並行特別記事、山陰・九州への旅
第11話「零戦」「海軍」「大艇」

C93新刊情報:「ありす旅」
最初:第1話「寝台」「代行」
前:第10話「海自」「技術」「対潜」
DSCN8825.jpg
零式艦上戦闘機五二型
これより館内です。まず目に入るのはこちら。
当ブログでも何度も紹介してる52型のゼロ戦。説明不要とはこいつのためにある言葉

DSCN8828.jpg
この展示の良いところはコクピットものぞけるという仕様。
ホント隅から隅まで見せてくれるんや!という神対応。どこぞの最近再開したアレとはわけが違うぜ!

しかしマジで隅々見てる時間がないのであっさり撤退。でぇじょうぶだ、また来るんだ。

DSCN8830.jpg
九一式魚雷改
航空機用の魚雷になります。艦これ風に言うと艦攻がつけてるやつ。
これで敵艦を破壊するのだ!

DSCN8832.jpg
航空母艦信濃
こういう博物館ご自慢の模型コーナー。実物がないからね仕方ないね。
その中でも大和タイプの中で信濃を置くのは珍しい気がします。どこも大和ばかりですからねぇ。
信濃さんは大和型の3番艦予定もいろいろ(だいたいミッドウェーのせい)あって空母に。
頑張ってリセマラして1944年11月に満を持して登場!さぁ頑張るぞいと思ったら鬼畜米にTASさんもびっくりなリスキルをかまされ10日でお陀仏。かわいそう。

DSCN8834.jpg
ほかにもこんなにあります。暗くない?
例によって割愛。

DSCN8849.jpg
近代兵器エリアに。もうこの時点でですね、ゆっくりしてる暇なんてないわけでですね。
いつも撮ってる説明なんて撮ってないんですね。とりあえず一番上がハープーンミサイルや、たぶん。

DSCN8851.jpg
P2V-7のエンジン。R3350-32W。
対潜哨戒機の礎はここから、らしい。

DSCN8854.jpg
各制服です。
よく見るやつです。

DSCN8855.jpg
航空機内のなんか(多分レーダー関係)のモックアップ。
各搭乗員の仕事を紹介しています。

DSCN8862.jpg
P-2J哨戒機の先っぽ。
でっかいのは外にいましたね

DSCN8864.jpg
P-2Jのコクピット。
ごっちゃごちゃしています。これ全部把握するん無理やろ。

DSCN8865.jpg
外にいたHSS-2Aの色違い。
こっちのが洒落てる

DSCN8866.jpg
人を詰め込むところ。
多用途機としても優秀です。

DSCN8867.jpg
こちらもコクピット見学できます。
航空系の免許は絶対撮れないな。英語力あっても無理だな。

DSCN8868.jpg
DDG-163 あまつかぜ型護衛艦1番艦あまつかぜ
日本初の艦対空ミサイル装備艦。1965年に就役。陽炎型駆逐艦天津風以来3代目。
1995年まで30年現役。主錨は舞鶴。プロペラは横須賀に保存してます。両方見た。

DSCN8871.jpg
DD-122 はつゆき型護衛艦1番艦はつゆき
1982年に就役した護衛艦。吹雪型駆逐艦初雪以来3代目。
2010年に退役。はつゆき型も護衛艦としては残りまつゆきとあさゆきだけ。(やま・せと・しま各艦は練習艦)

DSCN8873.jpg
DDH-144 しらね型護衛艦2番艦くらま
佐世保で主錨だけ見ましたね。それの模型。
くらまの名前は伊吹型巡洋艦鞍馬以来2代目。雲龍型の鞍馬は未成艦なので除外。

DSCN8882.jpg
ほかにもいろいろありますが、ここは戦術的撤退。
最後の展示へ移動します。

DSCN8812.jpg
みんな大好き魚雷。カットインで絶対殺すマン。
どうせだから発射管も復元してほしい。いや、まるまる1隻復元して。

DSCN8814.jpg
零式艦上戦闘機21型プロペラ
平成4年、錦江湾産。生産者は山下さん。
くにゃりとしているのはプロペラが回りながら着水したかららしい。

DSCN8816.jpg
艦上攻撃機天山一一型プロペラ
なかなか見れない天山のプロペラ。
こいつの保存機がとにかく少ないらしい。ウィキペ知識だからアレですけど。

DSCN8819.jpg
局地戦闘機紫電改エンジン
みんな大好き紫電改。のエンジン部。宮崎県臼杵あたりで見つかったらしい。
国内でも保存機が1機。愛媛県の紫電改展示館。ここも行きたいんですよねぇ

で、ここまで引っ張って、あいつです。

DSCN8885.jpg
ヤツ。

DSCN8888.jpg
二式飛行艇
「こ(ry

全長28m、幅は38m、最速465km/h、航続距離7000キロ超、という当時最強の飛行艇。PBYカタリナなんて屁でもない。
運用開始は1942年。終戦時は残機3。危うく全滅。単機としては強くてもハチの巣にされたら流石にどうもできんのである。
終戦後は1機がノーフォークに、その後1979年に里帰り。2004年からこの地にて保存されています。いやぁこれが見たかったんや。

DSCN8890.jpg
かなり引いて全栄を撮影。
大型4発機とかロマンの塊ですわ

DSCN8893.jpg
おしり。
こんなのが海上から飛ぶのかよ。

もう満足や!帰ってもいい!
ということで基地を撤退します。また戻ってくるぞ。

DSCN8901.jpg
急いで次の現場へ。
いそげいそげ

DSCN8902.jpg
続いて鹿屋市鉄道記念館に来ました。キハ20がいますね。
大隅線は結構こういう系の記念館が残ってますが、その中の一つ。
さくっと見てまわるんじゃー

DSCN8905.jpg
・・・・

DSCN8912.jpg
もうかえる。

DSCN8927.jpg
廃線から30年ですが、こういう交差点が残っています。
こういうとこ更新しないのが田舎っぽい。

DSCN8928.jpg
三文字駅前。
1937年に開業し、最終的には無人駅に。
今だったら面白駅名で売り出せたかも?

DSCN8936.jpg
そして一行は志布志港へと向かった。
西日本Project、次回最終話。

→第12話へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/01/23 22:38 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ