ZBS TIMES 【旅行記】北方Project4 ~Welcome to Hokkaido Park.-Part7-【岩見沢→三笠】
FC2ブログ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】北方Project4 ~Welcome to Hokkaido Park.-Part7-【岩見沢→三笠】

DSC_9667.jpg

2017年5月3日~6日、人々は北の大地へ向かう。
第7話「みかさてつどうむら」

最初:第1話「ほっかいどーちほー」
前:第6話「へいげん」
DSC_9654.jpg
ハイ、車を飛ばしてやってきたのが三笠鉄道村です。
三笠鉄道村は旧幌内線幌内駅の構内を利用して1987年に開業した施設です。
ちなみに幌内線はJR北海道発足後最初に廃線になった路線。JRHの廃線ラッシュのパイオニア。
場所が場所だけに来にくい場所ですが(なんせここまでの鉄道が死んでる)、今回初めての訪問です。
ということでいつも通りダイジェスト車輛紹介から。今回は屋外の機関車と貨車をピックアップ。

DSC_9652.jpg
ワム60000形66172号
二軸貨車のワム60000。
1961年に登場、1984年に定期運用離脱、2001年に形式消滅という経歴。
最後まで残っていたのはJR東日本所属だったらしい。

DSC_9653.jpg
セキ6500形6657号
1968年登場のボギー石炭車。新製ではなくセキ3000形を改造した車両。
晩年はJR貨物所属となり1998年に引退。

DSC_9660.jpg
DE10形ディーゼル機関車1702号機
今も現役で活躍するDE10形式の1両。
今更説明するものでもない(

DSC_9668.jpg
DD15形ディーゼル機関車17号機
北の大地では欠かせないラッセル車。
1963年に日本車輛にて製造、2017年6月に形式消滅。
そう、行った当時はまだ形式消滅していなかったのである(ドーン

DSC_9670.jpg
DD14形ディーゼル機関車1号機
日本のディーゼル機関車の中でもアメリカンな機体はこいつしかいないだろうという機関車。
登場は1960年。川崎重工。現役なのがJR東日本にいるとかいないとか。

DSC_9676.jpg
チキ6000形6147号
ソ80形81号

見た目がごついこいつは事故救援用操重車。チキはその控え車。
当たり前だがほとんど使われてない

DSC_9798.jpg
ソを横から。
イカした形をしていますね。

DSC_9726.jpg
DD51形ディーゼル機関車610号機
こちらもおなじみDD51形式。今も現役がちょいちょい。
つい最近貨物運用してるのを見たことがありますね。

DSC_9729.jpg
DD16形ディーゼル機関車15号機
1971年に登場のちっさい奴。かわいい。
現在も若桜鉄道などで現役車有。

DSC_9801.jpg
キ700形756号
こちらも除雪車。中でもジョルダン式ともいわれています。
主に操車場とかの広い場所で使うものらしい。たまに本線に出る。

DSC_9803.jpg
キ100形274号
おなじみのラッセル貨車。何度も言うが貨車。自走しない。
ちなみにこっちがラッセル式。ラッセル=雪かきってわけじゃないのね。勉強になった。

DSC_9662.jpg
S-304蒸気機関車
鉄道村の目玉がこの蒸気機関車
1939年に日本車輛で製造され、今も動く動態保存車輛。

次回はこいつを追っかけしたりします。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/12/04 21:01 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ