ZBS TIMES 【旅行記】第四次東阪サイコロの旅 ~Making Story Side ZBS.【第七夜】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】第四次東阪サイコロの旅 ~Making Story Side ZBS.【第七夜】

DSCN5523.jpg

8月10日から12日にかけて2年ぶりとなる大阪→東京のサイコロの旅が実行されました。
その前哨戦その6です。
8か月にわたる前フリを終え遂に作戦開始。
あらかじめ別々に切符を取ったムーンライトながら乗車から話が始まります。
いぶき君も未だ知らない裏の世界を書いていきます。

最初:第一夜「おさらい~実行までの流れ」
前:第六夜「2週間前~大井川鐡道その3」
Side黒鉄重工:遅延
Sideいぶき君:四国へ行くとだまし討ち以下略1日目
2016年8月10日0時30分 小田原駅

DSCN5515.jpg
遂にやってきた決戦の日。
いぶき君はすっかり山陰に行く気満々!黒鉄君は反撃する気満々!
さぁどういう展開になるか!

DSCN5517.jpg
さて、最初の砦
快速ムーンライトながらでのニアミス乗車。
いぶき・黒鉄ペアは静岡から乗車することが確定しています。

DSCN5522.jpg
第1ランナー 東海道本線 快速ムーンライトながら大垣行 185系
自身4年ぶりとなるながらの乗車。前回は189系でしたので
185系になってからの乗車は初めて。ちなみに今回、特別ゲストとしてたまに出てくるクラH26氏を連行しています
彼は途中松山までのご同行。

DSCN5525.jpg
静岡へ移動開始。乗車号車ですが、我々が10号車、静岡組は8号車です。
いぶき君とは緊密に連絡を取ります。そして黒鉄君には「どうにかして10号車から乗車していぶき君をビビらせろ」という指令のみ発信。

DSCN5527.jpg
ちなみにクラH26氏にはあえて派手な格好で来てもらっています。
連れを起こさないでくれ、死ぬほど疲れている。

そして静岡駅でいぶき君焦りの連絡が飛んでくる

隠れて
10号車乗車口付近に黒鉄君がいる
隠れて
(原文ママ)

静岡組そのまま10号車より乗車、もちろん黒鉄君には知らんふりをしろと言ってあるのでバレていない旨いぶき君に伝えます。
後々黒鉄君に聞いたところ、めっちゃ焦っていたようです。結構な慌てぶりだったそうでとても見たかった。

DSCN5526.jpg
浜松駅では長時間停車。
ここで下車し、黒鉄君と合流。今後の行程の確認をします。
ちなみにいぶき君は爆睡。まさか窓の外で拉致するはずの相手と話しているとは夢にも思うまい。

DSCN5531.jpg
せっかくだったので寝顔を撮影
ちなみに黒鉄君は寝たふりです。

DSCN5533.jpg
浜松駅を発車。
この先のポイントとしては静岡組は名古屋駅で下車し先に高松へ移動
小田原組は大垣駅まで移動し米原から新幹線で20分遅れで高松に入る予定となっています

DSCN5536.jpg
大垣到着。すでに静岡組は名古屋で下車済みです
大垣での乗り換えは3分、最後尾に陣取っていた我々にとってはキツイ乗り換え

DSCN5537.jpg
第2ランナー 東海道本線 普通米原行 311系
乗り換えは成功しました。
以前はJR西の車両でしたが現在は東海の車両で運転されています。

DSCN5538.jpg
米原駅に到着です
ここより新幹線に乗り換えます。
この時点で静岡組は名古屋から新幹線で岡山に向かっています

DSCN5540.jpg
新幹線撮影、やっぱり難しいですね
やはり一眼がいいですね

DSCN5543.jpg
第3ランナー 東海道新幹線 ひかり493号 広島行 N700系
新幹線に乗り込み奴らを追います。
数少ない充電ポイントなので充電します

DSCN5547.jpg
朝飯、シンカンセンスゴイカタイアイス。
柔らかくなるまで待てなかった、むしゃむしゃしてやった。

DSCN5548.jpg
1時間半で岡山駅に到着。
着々と、第1次の作戦へと進んでいきます。

DSCN5551.jpg
第4ランナー 宇野・本四備讃・予讃線 快速マリンライナー15号 高松行
マリンライナーに乗車し四国入り。
第1次作戦まで残り2時間。ここからわざといぶき君からの連絡を完全無視をします。
これに対しても結構ビビっていたようです。

DSCN5556.jpg
高松駅に到着。
この時点で静岡組との差はまさに1キロ。
まず拉致の道具として黒塗りの車をレンタル。僕がまず車で近づいてきたら拉致と思ってください。

DSCN5558.jpg
二人を目視確認。
目的地はうどん屋でおなじみの山田屋。ここで黒鉄君を拉致するというのがいぶき君との作戦。
ここでは黒鉄君にまんまとハマってもらいます。迫真の演技を期待。

DSCN5559.jpg
ここでは先回りをし、二人を待ちかまえます。
あの車が拉致用車両です。来る途中であえてゆっくりと追い抜きましたが、どうやら気づかなかったようです。

DSCN5561.jpg
そして、バカ登場。とんでもねぇ、まってたんだ。
いぶき君してやったりの顔、黒鉄君はみえみえの演技!
とりあえずうどん食おうやと、店内へ引き込みます。

IMG_0660.jpg
うどん!うまい!
ここでは黒鉄君の文句を聞きます。山陰なんぞ冗談じゃないと。
安心してください!行きませんよ!そしていぶき君、何も知らずはしゃぐ。

食後は車に詰め込み高速道を西進します。
本来の予定ですと、高速で松山に行き、高浜港へ向かいフェリーで呉へと進んでいくという行程を叩きこんであります。
実際は逆の方向、松山空港へと車を進めます。どこで気づくか・・・

DSCN5563.jpg
途中豊浜SAで休憩。
ここでは松山空港でのネタ晴らしの方法を模索。
再出発後は松山インターへ下車し、運命の選択場所へ

0000_20161229025233f27.png
気づくポイント1、空港通り2交差点
高浜港へ向かう場合この道を直進する必要があります。
が、ここを南吉田方面へ向かいます。ここで気づけばまだ救えたかもしれませんが

いぶき君、気づかず。
まぁ、ここで気づいたら大したもの。という感じ。
かわりないドライブが続きます。

0001.png
気づくポイント2、青看板
青看板にデカデカと松山空港の文字。右は港ですがもちろん直進。
注意力があれば、大体の人がなにかおかしいと感じるでしょう。

いぶき君、気づかず。
あ、これは到着まで気づかないな・・・

0002.png
気づくポイント3、松山空港→
松山空港への道しるべがあちこちに
流石のいぶき君も、これなら気づくはず。いや、気づいた。
ここで逃げの一言。「クラH26氏はここから飛行機に乗って帰るんよ」

いぶき君、これを信じる。最後までこちらのペースのようです。

気づきポイント4「荷物を全部持っていこう」と一言。
そう、見送るだけなら荷物を全部持っていく必要がないのですが、その指示にホイホイ乗る。言ってしまえば、最後の最後まで自分が騙されていることに気づかなかったのである。

DSCN5566.jpg
松山空港へ入ります。大体予定通りの時間。
東京行きは14:45と17:05が搭乗圏内まぁ乗らないんですけど。
実際はANA1642便大阪行きに我々が乗ります。

DSCN5572.jpg
時間まで展望デッキで飛行機撮影。
この時点でも気づかないからもうアレ。

そして14時45分
気づくポイントラスト、いぶき君の搭乗券を黒鉄君が渡す。
その時のいぶき君の反応は以下の通り




DSCN5575.jpg
第5ランナー 全日空 1642便大阪行 DHC-8-400
いぶき君、放心状態のまま機内へ放り込みます。
こうして、一同は一路大阪へ・・・

2016年8月10日水曜日16時30分 伊丹空港
DSCN5601.jpg
何も知らないいぶき君、大阪へ降り立ち
遂にあれを渡されます・・・

DSCN5604.jpg
第4次サイコロの旅開幕!!

そしてここへ続いていきます。



明日12月30日のコミックマーケット91にてサイコロの旅本編の旅行記本を頒布します。
ただの旅行記本ではなく登場陣をでんこに置き換えての半分フィクション、半分ノンフィクションな作品となっています。
ただ本でも表現しきれないところがあるので、いぶき君編集版のTogetterも一緒に見るとさらに面白く楽しめます!!
いぶき君版「四国へ行くとだまし討ちして山陰旅行をしようと思ったら逆に騙されてサイコロの旅をしたときの話」

明日東7ホール「k-27a」にて皆様をお待ちしております!!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/29 18:00 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ