ZBS TIMES 【旅行記】新東北Project ~Flying Hokkaido Shinkansen.その7【摩周丸】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】新東北Project ~Flying Hokkaido Shinkansen.その7【摩周丸】

DSCN3255.jpg

第7話「連絡船マシュウマル」

最初:第1話「3日振りの不思議」
前:第6話「はこだてらいなー」

DSCN3221.jpg
先週も来た摩周丸。
この日は人がいました

DSCN3222.jpg
今回は入場します。
函館来たら入りたかったのです。

DSCN3224.jpg
青函連絡船の最後の1年はJRだったのでJRマークもあります
僕は乗ることも見ることもできなかった世代ですけど

DSCN3225.jpg
ひもの結び方講座
これでどんな時もひもを結べますね

DSCN3228.jpg
中をうろうろします。
連絡船普通グリーン席。普通運賃2000円+グリーン料金1100円。指定の場合はこれに500円加算されます。

DSCN3229.jpg
他にも寝台席があって、こちらは運賃プラス2400円です。意外と安い。ちなみに現在は7170円、うーんこの。
あと寝台席と言えばこの飾り毛布です。これにもいろいろ種類があるらしいですが、長くなるので割愛。
定期的に海の科学館で講演会があるようなので行ってみてはいかが

DSCN3232.jpg
船の模型も展示されています。
これは初代の摩周丸。洞爺丸型客貨船3番船。1948年から1964年まで活躍。

DSCN3230.jpg
2代目の摩周丸。津軽丸型客貸船の5番船。
1965年から1988年まで活躍。以後函館にて保存されています。

DSCN3235.jpg
洞爺丸。洞爺丸型客貨船の1番船。
1947年に登場し1954年に津軽海峡にて沈没しています。

DSCN3234.jpg
乗員の制服とかも展示されています。

DSCN3237.jpg
所属船の年表。
モデルを見ながら知ることができます。

DSCN3240.jpg
八甲田丸と十和田丸
八甲田丸は青森側で保存されています。

DSCN3243.jpg
貨車を積み込むエリアの模型
どのように船に貨車を積み込んだかがわかります。

DSCN3246.jpg
無線通信室

DSCN3245.jpg
実際に無線を打つことができます。もちろん飛びませんが
これで好きなワードを打ってみよう

DSCN3248.jpg
摩周丸操舵室
ここで各指令を出たりします。

DSCN3253.jpg
操舵室からの景色。
函館山がよく見えます。とてもいい天気

DSCN3254.jpg
双眼鏡。これで敵を見つけます。
見つけたら撃っちゃって構わん

DSCN3256.jpg
ここで上部甲板に
今回の目的地です

DSCN3262.jpg
しばらく船を撮影します
函館クルージングの何かかな?

DSCN3263.jpg
うわじま型掃海艇8番艇ゆげしま・9番艇ながしまととから型巡視船19番艇おくしり
ここは先週と変わらないですね

DSCN3270.jpg
あさかぜ5号
青函フェリー用の貨客船です。現在の青函を結ぶフェリーはこれと津軽海峡フェリー

DSCN3271.jpg
ナッチャンWorld。2008年に運航していた高速フェリーです。最後の運航は2012年
現在は防衛省が災害時用の大量輸送に備えるために借用中。

DSCN3274.jpg
五稜郭タワー
そのうち行きたいですね

DSCN3265.jpg
函館駅にはキハ183系5200番台のノースレインボーエクスプレスが。
臨時列車かなんかですかね

DSCN3266.jpg
そして、橋の上・・・何やら人が集まってきました
揃いそろって超高級機材を振り回しています。いったい何が

次回、青いヤツらがやってきます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/11/08 22:17 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ