ZBS TIMES 【旅行記】東北Project11 ~Last Of Strait Express.第7話【函館→青森】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】東北Project11 ~Last Of Strait Express.第7話【函館→青森】

DSCN2631.jpg

第7話「スーパー白鳥と青函トンネルと・・・」

最初:第1話「東北本線と701系と・・・」
前:第6話「護衛艦と函館バスと・・・」

2016年3月19日土曜日 17時00分 函館駅

DSCN2627.jpg
本州へと戻ります
この日時点で北海道新幹線開業まで残り7日。

DSCN2628.jpg
第14ランナー 函館・江差・海峡・津軽・奥羽本線 特急スーパー白鳥38号新青森行 789系
帰りはスーパー白鳥に乗車します。
函館の789系は2010年の北東Pにて青森~八戸間で乗った時以来2度目になります。
ちなみに2011年くらいに新青森~青森で乗ったのは785系である。

DSCN2632.jpg
函館の789系で一番好きなところ。
ここのデザインは秀逸ですよねぇ
ということで乗車。また来ます。1週間後くらいに。

DSCN2633.jpg
途中上磯駅で運転停車。

DSCN2634.jpg
キハ40の待ち合わせ。
特急に待たせるとはいい度胸

DSCN2635.jpg
車窓のところどころには北海道新幹線歓迎ムードな感じが
いいから早く札幌まで繋げろ。

DSCN2636.jpg
男爵資料館・・・いったいどんな・・・
いや、もしかしたら男爵イモの資料館かもしれんし・・・

DSCN2637.jpg
謎モニュメント
意外と新しいから新幹線からみなのか、まぁ謎で終わる。

DSCN2638.jpg
間もなく木古内。

DSCN2639.jpg
木古内駅に到着。
来週からはメインはあっちの線路。こっちはおまけになります。

DSCN2640.jpg
次は蟹田に停車です。
ここからは怒涛のトンネルラッシュ。

DSCN2641.jpg
しばらく北海道新幹線と並走の後

DSCN2643.jpg
合流します。
北海道新幹線開業後は奥羽本線以来JR2線目の三線軌条営業路線になります。
他に三線軌条は箱根登山鉄道・総合車両製作所~京急線内の2本が存在しています。

DSCN2644.jpg
さて怒涛のトンネルラッシュに入ります。まずは第1森越トンネル。
長さ1634m、海抜120m地点。まだ山の中です。
このトンネルラッシュですが、このように実況してくれます。文章で。

DSCN2645.jpg
第2重内トンネル。
長さ1128m、海抜90m地点。徐々に下っています。が、まだまだ先。

DSCN2646.jpg
第1重内トンネル。
長さ813m、海抜63m地点。

DSCN2647.jpg
第2湯の里トンネル。
長さは1638m、海抜116m地点。あれ?上ったぞ。
この後第1湯の里トンネルを超え道内のトンネルが終了します。

DSCN2648.jpg
知内駅を通過。
ちなみにこの時点では知内信号所ですが、新幹線開業後は湯の里知内信号所となっています。

DSCN2650.jpg
そして青函トンネルへ。
当たり前ですが在来線でくぐるのはこれが最後になります。頑張ればカシオペアでくぐれるんですが、そんな金も暇もない。

DSCN2651.jpg
青函トンネル。
長さは53850m。海抜-240m(最深部)
世界最長の交通機関用トンネルです。

DSCN2652.jpg
スーパー白鳥のいいところは通過時刻がわかるところ。
これで君も青函トンネル博士だ!なお今

DSCN2655.jpg
吉岡海底駅を通過。
現在は吉岡定点。北海道側の避難所です。ここには世界初の海底公衆電話が設置されています。
ちなみに地味にここでは一部携帯電話が使えます。

DSCN2656.jpg
18時4分、最深部を通過。
ここからは12‰を駆け上ります。

DSCN2657.jpg
竜飛海底駅通過。
竜飛定点。青森側の避難所。この上にあるのが青函トンネル記念館です。
こちらでも携帯電話が使えます。ドコモすげぇ。

で、気づいたら青函トンネルを抜けていました。

DSCN2659.jpg
DSCN2660.jpg
DSCN2661.jpg
DSCN2662.jpg
怒涛の浜名トンネルです。
第4から140m、170m、280m、440mと連続します。
こちとら140km/hで走ってるのであっという間です。

DSCN2663.jpg
DSCN2664.jpg
連続今別トンネル。
こちらも短く690mと190mの長さ。

DSCN2665.jpg
大川平トンネル。
長さ1337m、海抜68m。
これを抜けると津軽今別駅を通過します。

DSCN2667.jpg
津軽トンネル。
長さ5945m、海抜94m。本州側最長のトンネルです。

DSCN2668.jpg
大平トンネル。
長さ1530m、海抜102m。ここを出ると新幹線と別れ、津軽線へと向かい、中小国駅を通過します。

DSCN2669.jpg
あっという間に蟹田駅に到着。
次は青森です。

DSCN2670.jpg
ということで青森駅に到着です。
これで海峡線関連の列車はほぼ乗った。悔いなし。
しかしまぁ廃止2日前でも普通に座れるのがアレですねぇ。

DSCN2673.jpg
この表示ももう見ることはないでしょう。
こうして乗り鉄の部が終了し、次へ向かいます。

つづく
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/06/09 00:51 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ