ZBS TIMES 【鉄道】京都鉄道博物館内覧会・その3【16/04/23】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【鉄道】京都鉄道博物館内覧会・その3【16/04/23】

DSCN4240.jpg

京都鉄道博物館内覧会に行ってきましたの第3回です。

その①:【鉄道】京都鉄道博物館内覧会・その1【16/04/23】
その②:【鉄道】京都鉄道博物館内覧会・その2【16/04/23】

DSCN4062.jpg
ここからは他の展示をご紹介します。まずは複動式蒸気機関の模型から。
1788年にイギリスのジェームズ・ワットさんが発明した蒸気機関装置です。
当時従来の機関に比べて燃費を75%削減し大いに話題になったようです。
この模型は1987年に国鉄が3/5スケールで再現製作したものになります。

DSCN4067.jpg
鉄道の歴史へと進んできます。鉄博やリニア館でもこういうお勉強エリアが存在しますが
ここ京都では車両展示と同じフロアにあります。内容としては、まぁどこもさほど変わらず1号機関車のくだりから新幹線、現代へと続きます。

DSCN4065.jpg
ここでの特色は大型の機関車模型が見れるのがウリ
まずはロコモーション号。1825年に登場した世界初の商用蒸気機関車。
イギリス・ダーリントンの鉄道博物館に実車が保存されています。

DSCN4066.jpg
ロケット号。世界初の旅客列車に使用された機関車。
1830年に運転を開始しその日のうちに世界初のグモを記録しています。
今はイギリス・ロンドンのサイエンスミュージアムに保存されていて、1998年には日本でも実車が展示されています。
他にもレプリカがそれなりにあるようです。しかも動くらしい。

DSCN4071.jpg
佐賀藩精錬方蒸気機関車模型。
1855年に製作された日本初の鉄道模型。
作り方は簡単、ロシアから輸入された蒸気機関車を真似るだけ。

DSCN4075.jpg
1号。1872年に運行を始めた日本初の蒸気機関車。
お馴染みの蒸気機関車です。後に150形となります。
実物は大宮鉄博に保存されています。

DSCN4074.jpg
新橋駅模型。
開業当初時の模型が展示されています。
やはりここら辺はどこでも外せない様子

DSCN4078.jpg
駅舎の方もしっかりと出来ています。
一応同位置に再建した新橋駅駅舎が存在しています。

DSCN4251.jpg
開業当初の大阪駅。
模型ではなくビジョンで見ることができます。
しばらくしますと

DSCN4252.jpg
2代目の駅舎に代わります。どういう構造だこれ。
これはなかなか面白い構造です。

DSCN4125.jpg
これ以降も歴史のお勉強ですが、長くなるのでスルー
自分の目で見てね

DSCN4124.jpg
宇高連絡船。連絡船といえば青函連絡船が真っ先に思い浮かびますが、それとほぼ同時期まで運転していたのがこの宇高連絡線。区間は岡山県宇野駅と香川県高松駅。1988年の廃止まで78年間、四国にワムなどを送り続けました。1年間だけJR四国だったり。今も青函同様、同区間にフェリーが運転されています。

DSCN4123.jpg
こんな感じで模型も展示されています。
ちなみに最後までいた連絡船は全船が海外に譲渡され、国内に残存してるものはゼロ。過去の船もゼロ。
相変わらずこういうものの保存に関しては疎い国だよなとは思いますねぇ。

DSCN4127.jpg
国鉄バスについても記述があります
そういえば交通化学博物館にドリーム号がいたような気がしたんですが、どこに行ったんでしょうね?

DSCN4134.jpg
ダイハツ ミゼット
1月に散々見たアレです。こちらも交通科学博物館から移動
他にもバイクやらなんやらいたと思うんですがどこにry

DSCN4136.jpg
そしてなぜか駄菓子屋が設置してあります。営業はしていません。
実際に駄菓子を置いてあるので、今後営業する気があったりする?

DSCN4137.jpg
駄菓子の魅力については「だがしかし」を見ていただくとして。
所謂平成世代が知らぬ世界です。まぁ絶滅してるかなと思いきや、意外と近くにこういうお店があったりします。

DSCN4139.jpg
ちゃりんこ。後ろに詰んでいるのは、多分紙芝居のアレ。
最近はいませんね紙芝居のおっさん。アイスキャンデーのおっさんは夏と冬に有明に行けば見れます。

DSCN4135.jpg
昭和乃駅。
昭和の駅を再現したもの。こんなか?と思いつつも黙っておく。

DSCN4140.jpg
ここからいける駅一覧です。
どれも強そうな駅ばかりですね。これで君も和暦マスター。

DSCN4141.jpg
ダイヤグラム。
突っ込みどころはあり

DSCN4156.jpg
対自然と機械のエリア
なんというかいろいろあります(飽きてきてる

DSCN4167.jpg
信号エリア
あらゆる信号が置いてあります。とても楽しい。

DSCN4166.jpg
ポイントエリア
今は自動化されてるポイントも昔は人力だったんですね。
何処かで動画を見たことがありますね。

DSCN4175.jpg
運転台エリア
221系、DE10、EF66などいろんな車種の運転台がありますね

DSCN4176.jpg
スハ43系客車オハ46形13号車
車両工場エリアにまだ展示車両があります。
まずはお馴染みの旧型客車。最近は撮ってばっかりだから乗りたいですねぇ

DSCN4177.jpg
24系客車オハ25形551号車
トワイライトシリーズの4両目です。
この車両には客室がなくサロンカーとなっています。名前は「サロンデュノール」
実は種車は14系客車らしいです。あと551号車は東日本にもいたようです。あっちは北斗星のロビーカーですが。

DSCN4178.jpg
24系客車カニ24形12号車
トワイライトシリーズの5両目。
電源用客車のカニです。ニなので荷物車です。

DSCN4179.jpg
車両工場エリアでは上から屋根上を見ることができます。
しかし説明は何もない模様

DSCN4181.jpg
他にも台車や連結器やパンタなどの展示もありました。
これで1階部分の展示はすべて終了。

続いて上の階へと向かいます

つづく
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/05/07 00:36 ] 鉄道・バス・飛行機 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ