ZBS TIMES 【旅行記】新北陸Project ~New Hokuriku Stage.その14【日本自動車博物館④】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】新北陸Project ~New Hokuriku Stage.その14【日本自動車博物館④】

DSCN0727.jpg

第15話「みんな揃って、三輪車ですよ三輪車!」

最初:第1話「これからが旅行のはじまり」
前:第14話「変わり始めたくるま!」
DSCN0723.jpg
ダイハツ 三輪トラック 
ダイハツが1949年から製造したオート三輪車。
四輪から三輪の世界へ突入です。日本ではオート三輪は1930年ごろから流行っていましたが、この車種は戦後最初に製造された車です。
前部はオートバイの風格です。昔の軽トラックはこれがスタンダードだったようです。こいつはカッコいいですね。

DSCN0724.jpg
マツダ 三輪トラック GB型
マツダが1938年から製造したオート三輪車。
戦前は750ccまでは無免許で運転できたようで、この車は700ccだったので無免許で運転可能でした。
それもあったおかげで30年代ではそれなりに発展していったようです。

DSCN0726.jpg
くろがね オート三輪 KD6型
くろがねが1936年より製造したオート三輪車。
日本三大三輪車メーカーのラスト。1964年に廃業していますが戦前の車産業には欠かせない会社です。
排気量は750ccで無免許運転可能車種。バイク型は雨に弱いですからね、こういうカバーがあるととても助かる。

DSCN0731.jpg
三菱 みずしま TM4E型
三菱自動車が1952年から製造したオート三輪。
遂に屋根がついたオート三輪。水島工場でできたからみずしま。
この時期既に落ち込んでたくろがねよりもシェアを獲得しています

DSCN0737.jpg
ダイハツ SDF8型
ダイハツが1956年から製造したオート三輪車。
この時期になると大型化・高性能化が進んでいて、30馬力最高速度75キロの性能があります。
またウインカーがつき始めたのもこの頃だそうです。

DSCN0739.jpg
マツダ T1500型
マツダが1962年から製造したオート三輪車。
遂に排気量1500ccに到達。馬力も60馬力となっています。
三輪時代末期に登場し1970年まで販売されていました。

DSCN0749.jpg
日野 コンテッサ1300マークⅡ
日野が1964年から製造したセダン車。
4輪の世界に戻ります。日野といえばトラック・バスですが、いすゞ同様昔は普通車も出していたようです
この日本車らしくないデザインですが、ルノー車をライセンス生産してたことからそれが影響しているようです。

DSCN0757.jpg
マツダ R360 クーペ
マツダが1960年から製造した軽クーペ。
マツダ最初の4輪自動車であり、日本初のクーペ。
この大きさで4人乗り。後ろの人圧死しちゃうぞ。価格は30万円

DSCN0779.jpg
マツダ B360
マツダが1961年から製造した軽商用車。
海外展開もした同車。なお海外ではボアアップされ600ccのがメインだったようです
1968年まで製造されましたが。ミャンマーでは1990年まで製造され未だに現役車がいるようです。行きたいですね。

DSCN0763.jpg
マツダ ファミリア ロータリーセダン M10A型
マツダが1969年から製造したセダン車。
ロータリーエンジン搭載の人気車種。ロータリーエンジンといえばマツダ
現在でもOEMではあるがファミリアの名前は継続中。ただBJ型もなかなかカッコいい

DSCN0771.jpg
マツダ ロードペーサー AP型
マツダが1975年から製造した黒塗りの高級車である。
マツダのセダンでは最大の大きさでフラッグシップ車として君臨した。
なおセンチュリーやプレジデントなどの他の黒塗りの高級車よりも高額な上にデザインもアメリカっぽいのもあり、全く売れなかった。79年まで販売され販売数は799台。最終年に至っては5台しか売れてないという悲惨な結果になった。

4回目は三輪車、マツダを中心にお伝えしました。
まだまだ続きます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/19 22:55 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ