ZBS TIMES 【旅行記】新北陸Project ~New Hokuriku Stage.その7【七尾~能登中島】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】新北陸Project ~New Hokuriku Stage.その7【七尾~能登中島】

DSCN0462_20160322203004257.jpg
ちょっと題名変わりました。

第7話「大好きな作品、大切な路線」

最初:第1話「これからが旅行のはじまり」
前:第6話「北に進むという選択」
DSCN0465.jpg
第31ランナー 七尾・のと鉄道 のと里山里海3号穴水行 NT300形
さて、この日のメインディッシュです。
2回目ののと鉄道ですが、今回は昨年より運転を開始した観光列車「のと里山里海」号に乗車します。
のと里山里海号は水曜以外毎日運転の観光列車です。車両は新形式NT300形を使用。まぁ外観はNT200形と同型のNDCです。
平日では普通列車に増結されます。乗車券+300円で乗車でき、3往復が設定されています。
土日では単独での運行になる上に、通常45分で走破できる七尾線を70分かけて走るというまさに観光列車というものになっています。こちらは運賃が別に設定されていて1500円で乗車できます。ちなみに帰りの切符も込みなので普通に往復するより安いです。また便によって様々なプランがあり、かなり楽しめる内容となっています。今回は素乗り、1500円で楽しむことにします。

DSCN0466.jpg
さて乗車。こんな感じです。木をふんだんに利用した車内になっています。あ、ミトーカではないです。木材、シートともに地元産のようで、本気度が伺えます。
きっちり海側を抑えます。予約時点では結構埋まってたんですが、実際乗ったらスカスカでした。おそらくツアーがポシャったんでしょうね

DSCN0467.jpg
さて席にはこんなものが置いてあります。
なんとまぁプレゼントです。Japanese OMOTENASHIですね。

DSCN0468.jpg
中には水と菓子と観光パンフレットが入っています。これが後々役に立つ。
ということで発車します。

DSCN0469.jpg
しばらくは内地を走ります。
しかし冬の北陸なのですがホントに雪がありません。能登ってこんなもんなのかな

DSCN0470.jpg
海が見えてきました。
少しづつ近づいていきます。

DSCN0471.jpg
能登名物ひっぱり餅
知らない子ですねぇ。今もなお謎。
と言ってる間に最初の停車駅です。

DSCN0473.jpg
能登中島駅に到着です。
ここではアレを見ることができます。

DSCN0474.jpg
10系客車オユ10形2565号
1969年にオユ10-2045として新潟鐵工所にて落成。1976年には大宮工場にて冷房化改造され2565号に。
1986年の鉄道郵便廃止とともに廃車され、その後能登線甲駅にて留置。1998年からは保存活動が開始され、2004年の能登線廃止と同時に能登中島へ移動。2012年に北陸P3で初見。2013年にお色直し、2015年に3番線から貨物引込線に移動して、今に至ります。ちなみに現役時代は尾久・札幌・青森の順で配属されていました。国内ではこれを含めた2両が保存されています。

DSCN0481.jpg
そしてこの珍しい客車に入ることができます。
里山里海号の行程で一番のイベント、オユ10形の車内見学です。
むしろこれが見たくてこの列車を予約したんだ。これ以外はおまけだ。

DSCN0478.jpg
謎の郵便物
一般の人も見学するので雰囲気は大事ですね。

DSCN0479.jpg
甲駅の駅名表です。
以前保存されていた場所の駅ですね。能登線の穴水~蛸島間は三セク移管後もしばらくは運転されてましたが、現在では廃線となっています。

DSCN0480.jpg
隅々見ていきます。
旅客用ではないですが、銘版はついています。

DSCN0482.jpg
車掌室。なのかな
色々機器が設置されています

DSCN0485.jpg
郵便室に向かいます。

DSCN0483.jpg
郵便車らしく、郵便を仕分ける棚があります。
当方、郵便局でアルバイトしたことありますが、同じですね。ただ仕分け場所がかなり大雑把です。

DSCN0487.jpg
時刻表が張ってありますが、結構昔のモノ。
雷鳥・日本海・ゆのくになど今はない列車名がたくさんです

DSCN0488.jpg
黒板。
何に使ったのかな?

DSCN0489.jpg
3部屋目。ここには昔のポストが置いてあります。
ここにハガキを入れると、実際に届くようです。

DSCN0490.jpg
と、郵便車見学を満喫
なかなか良かったです。もうすぐに穴水行っていいぞ

ということで次回里山里海号、後半戦です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/22 23:05 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ