ZBS TIMES 【製作記】IORI工房「ユニ3952」を作らされる
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【製作記】IORI工房「ユニ3952」を作らされる

IMG_9014.jpg

はじめてのぺーぱーきっと
IMG_9015.jpg
ハイ、本日は毎度おなじみのIORI工房からジャンク品を一方的に渡され
なんか知らんが作ることになったのでとりあえず記事化してみました。
ちなみに当方、ペーパーキットなんて作ったことありません。過度な期待はしないでください。

今回作るのは「ユニ3952
主に九州鉄道で活躍した、郵便手荷物緩急車です。
車掌室から左右に張り出した監視窓が特徴的です

ちなみにIORI工房の販売ページはこちら→超精密「ユニ3952」ペーパーキット

必要なものに真鍮線とありますがそんなものはないので無視します。
ではスタート。ただのダイジェストです。

IMG_9016.jpg
まずは側面を作るところから始めます。
とりあえず形にはしました。接着ですが、ここでは木工用ボンドを利用しています。小学生のことはボンドの貴公子と言われてました。

IMG_9018.jpg
で、箱にします。箱にするのはGMキットなんかでも同じ作業なのでささっとやります。
もちろん接着はボンドです。瞬着なんてものはない

IMG_9019.jpg
そしてここで痛恨のミスをします。
補強板を上側につけました。ちなみにここでは気づいていません。完成後に気づいてます。
これは下につけないと、あとあとつける床下をはめるのにえらく苦労します。

IMG_9020.jpg
そんなことも知らず進めます。
続いて屋根の取り付けです。屋根ですが、4枚の紙を曲げ、重ね合わせて作ります。
そして、ハメます。そのあと油灯を点けるため屋根上に穴を空けます。

IMG_9021.jpg
で、油灯をぶっさします。これでそれっぽくなってきました。
これにて上部の組み立てが終了。つづいて床下です。

IMG_9022.jpg
台枠もすべて紙となります。
順序に気を付けて組み立てます。無駄に見えないところまで精密なので骨が折れる作業です。

IMG_9023.jpg
第1次段階。
実際この状態でもあまり問題はありません。これで最低限の状態です。
むしろ走らせる前提ならこの状態の方がいいかもしれないですね。

IMG_9024.jpg
第2次段階。
ブレーキを取り付けます。
これにより少し見栄えがよくなります。ただ車輪によっては干渉する場合があるので注意。

IMG_9025.jpg
第3次段階。
色々配線が細かくなりました。真鍮があればさらに複雑になります。
上手くできてるもんで車軸がこれらに干渉することはないです。これにて床下完成で。
組むものはすべて終わりました。

IMG_9026.jpg
上下。こんな感じになります。
続いて塗装に入ります。

IMG_9027.jpg
レッツカラーリング!
とりあえずそれっぽい色ということで、車体はブドウ色2号、床下は黒でチャレンジ

IMG_9030.jpg
塗装終了。
ちなみに、細かい隙間にはうまくスプレーがかけられません。無念。
こういう部分には筆塗で何とかするしかないようです。
とにかく組みます。

IMG_9031.jpg
ということで完成しました。汚い。
後々屋根上の塗装、カプラーの設置などもしていくかもしれません。
なかなか難しい工作でした。みなさんもぜひトライしてみましょう。

IORI工房通販ページ→サークルIORI工房模型販売ページ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/03/19 18:38 ] 創作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ