ZBS TIMES 【旅行記】北方・東北Project ~Screamed Seikan Straits.【第5話】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】北方・東北Project ~Screamed Seikan Straits.【第5話】

IMG_3713_201507021907467f1.jpg

第5話「歴史ある竜飛岬の真実」

最初:第1話「伝統ある東京発の夜行バス」
前:第4話「栄光ある海峡トンネルの昔日」
IMG_3715_201507021910267f7.jpg
地上に帰還
トンネルは再び封印されました。

IMG_3716_2015070219115107a.jpg
外にも劣悪な環境下ですが、展示品があります
これは掘削機のドリルですね。これでトンネルを掘ります

IMG_3718_2015070219130122d.jpg
青函トンネル線の初代の車両。
当時は作業員輸送用でした

IMG_3717_20150702191635a92.jpg
作業員輸送用トロッコ
状態が悲惨なことになってます。潮風にさらし続けるとこんなになるんですね。そら青森のキハ27も維持できないよなぁ

IMG_3721_20150702192032059.jpg
アジテータカー。いわゆる線路上のタンクローリー
海底に生コン持ってくのにも苦労があったんですねぇ

IMG_3723_2015070219255416e.jpg
付近を散歩します
ここら辺はほぼ更地ですが、昔はいろいろ建物があったようです

IMG_3722_20150702193336f35.jpg
こんな感じで何かが残っています
なんですかねこれ、よく知らない

IMG_3724_20150702193427a28.jpg
なにかの入り口だったようなもの
不自然にふさがれてますね、隠しエリアに行けそう

IMG_3725_20150702193531857.jpg
もどって本館の建物
ケーブルカーの動力です。動いているときはグルングルンまわります。

これで基地見学は終了。移動します

IMG_3728.jpg
やってきました、北のはずれ、竜飛岬
津軽海峡・春景色

IMG_3729.jpg
ここには津軽海峡冬景色の石碑があります
ここから曲がエンドレスで流れます。結構な大音量で

IMG_3730_201507022150415cf.jpg
あっちが函館、と思いきや下北半島
微妙なところにビューポイント作ったな

IMG_3732_2015070221553588b.jpg
ここで軽く食事をします
海藻ラーメンというさっぱりもの

そして竜飛岬にはあの有名な道路があります。

IMG_3734.jpg
国道339号線
歩行者専用国道で、階段国道と呼ばれています。
全長388m、段数362段と軽い登山レベルです。
テレビでもたびたび紹介されている珍な道路です。

IMG_3737_20150702221549c85.jpg
竜飛交差点。
ここはT字路ですので通過の際は注意が必要

IMG_3738.jpg
半分を過ぎるとヘアピンカーブが待ち構えています。
速度の出しすぎに十分注意しましょう。

IMG_3740_20150702221714424.jpg
階段の終点。
あとあとここを上るとなるとかなり厳しいものがあります。

IMG_3741.jpg
歩行者専用の終点がこちら。
いやぁ、なかなかすごい道でした。

IMG_3742.jpg
バス撮影
このあとむちゃくちゃ階段上った

IMG_3743.jpg
竜飛岬の頂上へ
この先に函館があります

IMG_3749.jpg
竜飛岬灯台

IMG_3759.jpg
またここには日露戦争時に作られた砲台の跡があります
今はそこにはモニュメントがあります

IMG_3758_20150702231528971.jpg
こんな感じで、太平洋戦争時まで使用されてました
この施設は函館山にもあるとか

IMG_3753.jpg
この先遊歩道なのですが、どう見ても歩道というより崖なんですが
ちょっとでも足を滑らせれば死にますねこれは

IMG_3760.jpg
ちょっと移動し、青函トンネル殉職者の慰霊碑
難関工事だったため数十人の方が亡くなっています。

IMG_3761_20150702231917cb7.jpg
最後に展望台。
竜飛岬が一望できます

IMG_3762_2015070223194764d.jpg
いい景色ですねぇ
こうして竜飛訪問が終了、青森に戻ります

続く
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/02 23:20 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ