ZBS TIMES 【旅行記】山陽Project4 ~The Golden Yamaguchi.【第七話】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】山陽Project4 ~The Golden Yamaguchi.【第七話】

IMG_3303.jpg

第7話「マイ・ディア・カイテン」

最初:第1話「やつがきたっ」
前:第6話「きになるあの島」
乗り換え
カナダ方面黒鉄重工線:7か月遅れにて北米方面に進行中
IMG_3324.jpg
回天記念館を後にし、島内探検を試みます
まずは養浩館という休憩所に。こんなところに人来るんかな

IMG_3323.jpg
館内にはなかなかの年代物の資料が貼ってあります
こちらは伊号潜水艦艦隊。右側3隻は伊400型。何気にすごい写真だ
下にあるのは瑞雲・・・ではなく晴嵐。伊401の友達

IMG_3301.jpg
続いてこちら、現在小学校のあるところはもともとは魚雷調整場という施設でした。元々は魚雷の試験場だったんですね。
それの遺構が残っており、この地獄の階段もその一つ。

IMG_3302.jpg
階段はこんな感じ。
確かに下の方にちょうつがいが残っていますね

IMG_3339.jpg
調整場全景。
当時の建物はさすがに残っていません。

IMG_3338.jpg
が、一部あります。こちらは貯蔵庫。
近くに寄りたいですが小学校は立ち入り禁止区域なので残念無念
他にも校内には変電所、危険物貯蔵庫が残っているようです。

IMG_3340.jpg
コンクリートの塀ですが、これの遺構の模様。
島全体が要塞でしたので、こういう防御壁があらゆるところに現存しています。

IMG_3325.jpg
さて、竹林を上ります
いわゆる山登りなんですが、いやぁ足元が悪い。
中途半端に階段にするなら作るなよって言いたくなる

IMG_3326.jpg
目的地まで700mだよと書いてありますが。
どう考えても2キロくらいありましたよ。検測したやつ出てこい

IMG_3327.jpg
そして見えてきたのがこの建物
魚雷見張所という名のこの建物は名前の通り発車した魚雷を検視する施設

IMG_3328.jpg
建物内部。おそらく電気があったんだろうなぁという穴や
黒板があったんだろうなぁという跡があらゆるところにあります。

IMG_3329.jpg
窓枠はこの部分のみ現存。あとはなくなってます。
どう窓が配置されていたか気になりますね。

IMG_3330.jpg
肝心の展望ですが
展望できたのは70年も昔。今は草木が生い茂っていてよく見えません。
しかしさすがコンクリート製、まだまだ耐えれそうですね

IMG_3331.jpg
そのまま山頂へ
記念塔みたいなのがたっています

IMG_3333.jpg
ここからは長州本土が一望できます
北側を見ればいいんやな

IMG_3332.jpg
まぁこんなもん
じつはこの山登りでそこそこくたくた。
そして下ります

IMG_3334.jpg
下りは楽なもので、ZBS、黒鉄による筍談義に花が咲きます
たとえばこの筍、立派なように見えますが、これはもう旨くなし固い。商品にもならん
筍は土から出る前が一番おいしいんです

IMG_3335.jpg
続いてこの筍、頭が出てますが、これはまだいけるレベル。
筍掘りは繊細な観察力と洞察力が重要です。

ちなみに勝手に筍を掘るともちろん盗難ですので、掘りたくなったら身近にいる山の地主にアポ撮ってから掘りに行きましょう。

IMG_3336.jpg
道中での展望、馬島と大津島は砂洲によりつながりました。
昔は個々の島だったんですねぇ。ちなみに砂洲は某番組で覚えた砂洲砂嘴陸繋島

IMG_3341.jpg
無事下山した一向
最後にあの不気味なトンネルへと向かいます

つづく
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/01 22:52 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ