ZBS TIMES 【旅行記】東北Project7 ~Is the order an Akebono?【第一話】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】東北Project7 ~Is the order an Akebono?【第一話】

P1090122.jpg

第1話「ひと目で尋常でないバスだと見抜いたよ」
ゴールデンウィーク、東北でぴょんぴょんしてきました。
2014年5月3日 20時30分 たまプラーザ駅
P1090124.jpg
この日僕はとある用事でたまプラーザにいたところ。
謎の人物より「池袋へ急行せよ」という通達を受けた。
言われるがまま、田園都市線で渋谷を回り、池袋へと向かった。

池袋に着いたところ、たまたまみどりの窓口に用事がありそこで用事を済ましていると
謎の185cmの男猫背の男二人に突然取り押さえられ、駅の外へ連れ出されてしまった!

P1090127.jpg
顔を上げると目の前には4台からなる悪魔の乗り物が待ち構えていた。
そして、言われるがまま、これに詰め込まれた



そう、拉致られたのである(デデーン)(黒鉄リスペクト)

今回の行き先は東北の中でも行きにくい場所、三陸地方!
ZeBon、八雲(@toki_002)、IORI(@IORI_koubou)のマイペーサー3人衆で贈る行き当たりばったりの旅!
はてさて、どんなドラマが待っていることやら・・・

P1090126.jpg
まずはこちらの説明。国際興業バスのいすゞガーラ。
路線名はけせんライナー。名前の通り池袋から気仙沼、大船渡、盛、釜石に向かう夜行高速バスです。
3列シート、コンセントは無し。乗車時間は大体8時間。お値段8000円くらい。この日は超繁忙期(GW)なので3台運行。夜行便の人気の高さを伺えます。
これに乗り盛へと向かいます。ZBS的には三陸はほぼ未踏の地、楽しみですね。

2014年5月4日 6時40分 大船渡市内
P1090128.jpg
震災でかなり知れ渡った地です。僕の場合大船に住んでいるので名前は前から知ってました。
流石に3年が経過、瓦礫等は全くないですが、まだ復興に時間はかかりそうですね。

P1090129.jpg
盛駅近くの路上で下ろされて、ゴール。
余裕の勝利です。ありがとうございます。

P1090130.jpg
こうして盛駅に到着。
ここからは三陸鉄道、大船渡線が出ています。

P1090133_20141127233403b60.jpg
とは言っても駅はこんなになっています。
大船渡線はBRTでの復旧になっているんです。鉄路採算取れないからね、仕方ないね。

P1090137.jpg
三陸鉄道から大船渡線は直通は出来ました。現状は無理ですが。
実際仙台行きの幕も36系には入ってますね。

P1090138.jpg
導入されているバスはいすゞエルガ、もしくは日野ブルーリボンシティ。
地方に新車がいるってことはほぼないので、結構新鮮です。

P1090139.jpg
駅名看板は通常のもの。
まぁホームはそのままですしね。

P1090142.jpg
しかし我々が乗るのはこちらです。
三陸鉄道南リアス線。初乗車です。

P1090143.jpg
車両は新型の36系。
クウェートの支援金にて造られた車両として話題になりましたね。

P1090144.jpg
クウェートの母国語と英語と日本語で感謝の文字が書かれています。ありがたいですねー
それよりクウェートってどこにあるのさ(ry

P1090147.jpg
整理券を取っていざ乗車。
なかなか綺麗な車内でした。

P1090145.jpg
南リアス線と言えば恋し浜駅。写真失敗してる。
世のリア充様達が称えている駅ですね。運休中も結構人が来てたとか云々。リア充爆発すればいいのに。

P1090150.jpg
40分くらいで釜石駅に到着。釜石線、山田線はお乗り換え。
なお山田線は運休中。

P1090149.jpg
キハ110系
そのまま快速はまゆりになるんですかね。

P1090148.jpg
そして奥には・・・おやぁ~?
何かいますねぇ~。気になりますねぇ。

P1090152.jpg
とりあえず駅を出ます。
全く流行ってない鉄道ダンシじゃないですか!去年も見た!

P1090151.jpg
駅内にはなかなかよさげなジオラマがあります。
かなり精密に造られていてなかなか良かったです。


次回、いきなり予定が狂います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/27 23:57 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ