ZBS TIMES 【旅行記】東海Project2014 ~サイコロ2.5/名古屋→東京.【第7話】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】東海Project2014 ~サイコロ2.5/名古屋→東京.【第7話】

IMG_3842.jpg

第7話「号泣サイコロ」

前:第6話「平成の錬金術師」
始:第1話「中央ナイトストーリー」
並行路線
第10話にて黒鉄線、風呼線に乗り換え

<サイコロの旅とは>
知らない人もいるかもなのでここでいろいろ説明。
サイコロの旅は、北海道のバラエティ番組「水曜どうでしょう」で行われた企画で、同番組を象徴する企画でもある。ルールは後述の通りだが、手軽に行えることもあり同じことをする人たちが後を絶たない。自分たちもはたして何番煎じなのかわからない。


サイコロの旅の基本ルールはこちら。

1.6つの選択肢が書かれたフリップに、その時点で乗車できる行先をリストアップ。
2.どれを選ぶかは運命のサイコロを使う。
3.出た目に従って移動。
4.目的地に着いたら1に戻る。

あとは、東京の目が出るまでひたすらこれを繰り返します。
たとえ西に行く目が出たとしても、サイコロの決定は絶対ですのでそれに従わなければなりません。・・・という、シンプルかつ過酷で無計画・運任せな旅になっています。


1回目は「大阪→東京 サイコロの旅 第一夜 【2012/03/04~06】」
2回目は「【旅行記】紀伊Project 第1話 サイコロ、始めます!【サイコロの旅】
当ブログでは3回目、ですがミニ(基本東マスのみ)なのでここでは2.5となります。
まぁ最初の振りで次回の企画の出発点も決まります。

それがサイコロの旅本番になります。サイコロ3。
被害者は黒鉄のいつもの馬鹿と風が呼んでいるの馬鹿です。

それの前哨戦ですね、本来なら今回3をやる予定でしたが、いろいろあり順延。
むしゃくしゃしたので、最低なことで有名らしいライザー君を連れて1泊2日のプチサイコロ、それが今回です。

IMG_3881.jpg

と言うことで第1投目、サイコロ3の始発点を決める重要な一投となります

①鈍行で 岡山
②鈍行で 金沢
③近鉄で 大阪
④太平洋フェリー
⑤ジャンボフェリー
⑥大洋フェリー


半分行き先不明フェリー枠と言う恐ろしい1投目
振るのはライザー君。ちなみに本人はサイコロ3にはいきません。

IMG_3882.jpg
①鈍行で 岡山
よりによって一番遠いところに・・・これにはサイコロ3参加者、猛バッシング。
ということで前哨戦、開始です。

IMG_3888.jpg
東海道・山陽を普通に下るのも面白くないので、関西本線・草津線を使い西へ向かうことに
まずは211系の快速で西へ

IMG_3890.jpg
亀山よりJR西日本の関西本線。
非電化です。キハです。これで柘植へ。

IMG_3892.jpg
たくしょくから草津線に。
みんな大好き113系。草津まで行きます。

IMG_3894.jpg
草津より東海道本線新快速で姫路へ
後にこの区間はトラウマになります。

IMG_3899.jpg
姫路・姫路城
夜も遅いのでスルーで

IMG_3900.jpg
姫路から終電で岡山に。
末期色でおなじみ岡山の115系。そういや広島の115系他の置き換えは発表されていますが、岡山は聞かないですねぇ
115系最後の楽園になるのかな

IMG_3902.jpg
そして岡山駅に到着。遠いですねぇ~
この日はもう遅いのでここで1泊。何故かここら辺のネカフェは網羅しています。

IMG_3903.jpg
サイコロの朝は早い。そら1日で岡山から東京に行かないといけないわけですからね。
運命の第2投目です。ちなみに紙は用意して無いのでこれで行きます。

①ももたろうEX 米子
②マリンライナー 高松
③赤穂線で 姫路
④吉備線で 総社
⑤伯備線で 津山
⑥提督が鎮守府に着任しました 呉


まだ遊びが見れます。午前中までは結構遊べます。
しかし呉になったら新幹線1本になりますね、やですね。

IMG_3904.jpg
②マリンライナー 高松
いとも簡単に四の国へ入場。これじゃあ前回みたいじゃないか・・・
逆に考えると前回同様即脱出できるかも。

IMG_3907.jpg
223系快速マリンライナーで海峡越え、四国へ向かいます。

IMG_3908.jpg
高松到着です。近いですねー
ここで一息つきます


つづく
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/22 18:41 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ