ZBS TIMES 【旅行記】諏訪わふたー8 ~変態日帰り旅行.【第一夜】
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】諏訪わふたー8 ~変態日帰り旅行.【第一夜】

DSC_1161.jpg

8月11日に諏訪とかに行ってきました。
今回はその第一夜、全行程車と言ういつもの無謀諏訪訪問記です。

今までの諏訪わふたー
第1回(未記事) 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回
2014年8月11日 午前5時

事の始まりは前日、僕のオトウット選手(超優秀)がどこか行きたいと駄々をこね、諏訪を提示したところあっさり承諾。藁フナC5編成600系軽自動車での遠征が急遽決定。翌朝実行といういつも通りノープラン遠征。しかし馬鹿な旅行をすることに定評のある(?)僕。弟もそれなりの馬鹿で、過去には実質3日で日本三景(松島・天橋立・宮島)を廻るという常人には考えられないプラン(考えたのは僕)を遂行するレベルには気が狂ってるということで問題なく出発した。

DSC_1151.jpg
開始1時間で渋滞にハマり身動きが取れなくなる。
なんやそれ!聞いてへんぞ!原因は海老名IC。最近北側の圏央道が開通、それに道路事情が追い付いていないようで。

DSC_1153.jpg
前方には綾瀬のかなみんラッピングバスが。
かわいそうに、何分遅れなんだろう、渋滞抜けるのに少なくとも40分はかかりました。

DSC_1157.jpg
給油。

DSC_1158.jpg
そして厚木市に。目の前は国道246号。
今回は全面展望満載でお送りいたします。諏訪までこのノリです。

DSC_1159.jpg
まずは国道412号を利用し厚木を縦断します。
まぁここまで来ちゃえばまぁド田舎なんですね。地味にここら辺は大学が集まっています。

DSC_1160.jpg
山道ですが、全然神奈川県です。
実際、甲府までこんな感じです。真ん中に文字を入れればどうでしょうっぽくなるよ。

DSC_1162.jpg
知らぬ間に政令指定都市でおなじみ相模原市に。
少なくとも浜松よりかは政令指定都市っぽいです。しかし相模原市も山道入っちゃえばまぁハイ

DSC_1164.jpg
とあるクラスタには有名な場所、三ヶ木。
かなちゅうのバスとかで良く名前を聞きます。

DSC_1166.jpg
相模湖畔まで来ました。

P1090899.jpg
相模湖は相模川をせき止めて作った人造湖です
意外と天然湖と思われがちなとこですが、ダム湖です。ちなみに日本初のダム湖がこれです。

DSC_1167.jpg
相模湖沿いを走ります。
昔は相模湖町なんて名前でしたが今では相模原市。今の小学生は知らないのかなぁ

DSC_1169.jpg
中央本線相模湖駅前まで到達
ここより長野県茅野市まで国道20号で行きます。
ハイ、お金無いのでオール一般道です、というか帰省ラッシュで中央道混んでますです。

DSC_1170.jpg
ハイ!国道!
相模湖沿いを通るのでしばらくこんな感じです
いつだかはここにシカが落ちてましたね。まだ神奈川県です。

DSC_1171.jpg
藤野をすぎて山梨県に突入。
甲府まで田舎道ですぞ~しかし時期が時期なのでやっぱり交通量は多め。
それでも都会から見れば少なく見えます。

DSC_1174.jpg
中央線と並走。
なんか来たらラッキーかなと思ってましたが、まぁなにも来ませんでした。
ひたすら西へと進めます。

DSC_1176.jpg
こういう景色が見れるのも田舎道の特権。
緑が多いですねぇ~台風一過もあって空も澄んでいます

DSC_1177.jpg
そしてこちら、一般道の新笹子トンネル。
車で通るのは初めてですね、原付でここを通るとトラックに殺されます。

DSC_1179.jpg
すごいまっすぐです。というかこんなに明るかったっけと思うほど。
それでもライトは点灯。トンネルではライトをつけましょう。オートじゃないと出る時消し忘れるのが難点

DSC_1180.jpg
大体3000mで出口です。
この先には道の駅甲斐大和があります。行ったことありません

DSC_1182.jpg
甲斐市に入ると片側二車線の道路になります。
ここら辺から山梨最大の都市甲府に近づいてきた感が出てきます。

DSC_1185.jpg
そして甲府市に進入。渋滞もなく快走。
まだまだ諏訪まで半分です。


国道20号後半へつづく
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/20 01:34 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ