ZBS TIMES 【旅行記】諏訪わふた~6 ~123系リベンジ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】諏訪わふた~6 ~123系リベンジ

IMG_2022_20130227030123.jpg

まさかの2週連続!!
先週、御射宮司祭のついでに123系を葬式乗車。
もう会うことはないでしょうとか言ったはずだった

しかし拉致に定評のある我が鉄道仲間が巧みな話術を駆使し、僕を再度諏訪地方へ拉致するのであった。


2013年2月24日

IMG_2015.jpg
気づいたら先週断念した中央道を快走。
笹子トンネルの高い高い天井を見学

IMG_2017.jpg
双葉PAできうけい
ちなみにこの日の睡眠時間は2時間。7時ですがすでに深夜のテンションになっています。

IMG_2019.jpg
いつの間にか高速を降りて、早いもので国道20号の終点に。
ここから先は国道19号となり、名古屋までつながっています。

IMG_2021.jpg
今回の目的は主に撮り鉄、先週の雪がところどころ残っている、というか盛大に残っているので
細かい道は路面が凍結していて、関東のFFコンパクトカーでは入れないので、撮影地点まで徒歩
ちなみに僕はD90を忘れたので、終始ゆるてつ()を遂行します。

P1060019.jpg
まっしろけ。
ここで上りと下りを一本づつ撮影します。僕はコンデジでひっそりと。。。

IMG_2024.jpg
拉致の張本人達
ちなみにプロ拉致被害者のロクマルサン君も見事に拉致られています。

IMG_2025.jpg
撮影機器はiPhone4Sで静止画。TZ5で動画。
D90じゃない時の僕はとにかく適当です。撮り鉄じゃないし

P1060027.jpg
暇だったので落書き。

P1060031.jpg
そして返しを撮影。運用機器はTZ5
左下に落書きを入れる高度テクニック。

IMG_2027.jpg
撮影後は辰野駅に。
僕は先週ここで撮っているので車内待機。

IMG_2029.jpg
そして場所移動。塩尻行きを撮影するようで
先週乗った列車ですね。ちなみに僕はスルーしました。

P1060033.jpg
撮影後即移動。さらに返しを撮るようで。
すでに僕はあきている状態。当時は専属運転手として活躍
ちなみにこの撮影ポイントは結構有名らしくて、多くの方がいました

P1060038.jpg
こんな感じに撮りましたが、こう撮ってるのは僕だけです。
やはりずれてるんですかねぇ・・・

P1060040.jpg
いわゆる木が邪魔だよ状態というんですかね?
木が邪魔ならフォトショで加工しろ

P1060041.jpg
最後にワムと一緒に。
なおこう撮ってるのはry
これにてワム追っかけは終了。今度こそもう会うことはないでしょう。

IMG_2033.jpg
木曽路を進んで木曽なかがわとかいう道の駅に
この付近は道の駅が多い

IMG_2034.jpg
昼飯は山菜そば。これで1000円やで
まさかの出費ですが、うまかったので許す!!

IMG_2036.jpg
中央本線と並走してるのでところどころ撮影ポイントがあるようです。
ということで行くことに、ちなみに外気温は氷点下5度です。

P1060042.jpg
カーブがあるところに来ました。
どうもネタ写真を撮れそうにない。なのでまじめに撮影することに

P1060044.jpg
本気出せばこのくらいは撮れます。機器はTZ5
特急しなのは2011年に乗ってからご無沙汰ですね。

P1060047.jpg
松本方面行も撮影。
しかし氷点下5度も風がなければどうということはないですな。
対寒さ○を持ってて良かった
これにて撤収。20時までに車を返さなければ

IMG_2038.jpg
八ヶ岳PAで落ちそうになった頭を復活させる。
なおここでお金が尽きる。

この後観光名所になった笹子トンネルを前の車が次々と減速し半強制的に50キロで走行。
とてつもなく天井が高いというのと、ところどころ黒ずんでるところがあったりして、あぁここかと思ったり。
老朽化って恐ろしいですわ。


そんなかんだで6回目の諏訪わふた~も終了。え?諏訪関係ないって?行く地方が同じだったから一緒にさせてもらいましたよっと。


P.S.予告
3月より紀伊Projectの記事をちょろちょろ書いていきます。
大日本と同時運航です。お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/27 03:49 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ