ZBS TIMES 【旅行記】諏訪わふた~5 ~123系と御射宮司祭【イベント】
FC2ブログ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【旅行記】諏訪わふた~5 ~123系と御射宮司祭【イベント】

IMG_1974_20130217114747.jpg

御射宮司祭に行くために岡谷まで行きました

臨時特急諏訪路号(ミニキャブことプレハブ)を利用して岡谷まで行こうとしていました。
しかし前日にまさかの長野中部で大雪。中央道は通行止め、路面は雪だらけ。雪対策が施されていないプレハブでは到底無理なので即運休。お疲れさまでした。




とはいかず、大金はたいて電車で行くことにしました。こういうところで運が無いのはもはや日常茶飯事ではないか?
しかし当日快晴というところではまぁいい方ですね


IMG_1975_20130217130725.jpg
当日は始発の下り東海道で藤沢、小田急に乗り換え町田。
町田より横浜線で八王子へ。いつも通りの行程。

IMG_1976.jpg
八王子からは始発の超ロング普通列車、松本行きに乗り一気に岡谷駅に。
車両はもちろん115系、今後211系に置き換えられるとかどうとか。まぁ211系になってもまだ国鉄天国な状態が続きますね。

IMG_1977_20130217172617.jpg
韮崎付近までは雪はなかったですが、標高が上がればそらふえますわな。
車で来ないで正解とはこのこと。

IMG_1978.jpg
3時間ちょいで岡谷駅に到着。
いやぁ近い、静岡より近く感じる。なんででしょう

IMG_1979.jpg
この時点で午前9時50分、開場までまだまだあるので先に第2目標を
こちらもロング普通列車豊橋行きに乗り、中央辰野支線へ

IMG_1980_20130217173153.jpg
辰野駅に到着。僕はこんな辰野駅知らない。
もう真っ白けですね、ここにバイクでも来ようとしてたんだから。あたまおかしい(
ここで1時間の待ち合わせ。あったかい待合室があったので、ぬくぬくと待機。

IMG_1981.jpg
で、この子に乗ります。ミニエコーこと東の123系。
葬式ファイル第6弾となります。ダイヤ改正で置き換えられるとかいう話

IMG_1983.jpg
なんといってもこの超ロングシート。しかも20m車だから15mくらいのロング
もと事業用車やし、国鉄の魔改造車。西には真黄色(末期色)なやつもいます
これで塩尻まで移動。

IMG_1984.jpg
第1回サイコロ以来の塩尻駅。そばがうまい。
ここで50分待ち

IMG_1987_20130217174917.jpg
せっかくなので全体図を。ボロ&ボロ。
もう乗ることはないでしょう。来ないし。

IMG_1986.jpg
701系・・・ではなく127系登場。多分ハンドル訓練かそこらへん
ダイヤ改正よりこっちまで来るようになるようです。

IMG_1988_20130217175249.jpg
そしてちょうどいい感じの時間に岡谷駅に到着。
でもまだ12時台。待合室でぬくぬく

IMG_1990_20130217175403.jpg
レトロなバス発見。
岡谷なんかにこんなのがいたとは。

IMG_1989_20130217175443.jpg
そして出陣。ララオカヤ、2年ぶり2度目。
前回はサークル参加してたような。

001_20130217175624.jpg
13:30~16:00くらいまで適当に滞在。
ありもしないルーミア山を探しましたが見つからず、取り扱ってるところは数サークルありましたけど。
雛さんが意外と少なかったです。かなC

IMG_1992_20130217175751.jpg
アフターも出ずスピード撤退。前回もそう!
行きと違い今回は乗り換えだらけ、まずは小淵沢行き

IMG_1993_20130217175911.jpg
小淵沢から甲府行き。
本日初のスカ色の300番台

IMG_1994_20130217180011.jpg
富士の山も見えます。
こっち側から見るのは初めてか?

IMG_1995.jpg
甲府から高尾行き、未更新115系?
ふかふかシート

IMG_1996_20130217180144.jpg
以上まで115系でした。
以後は流れで帰宅。この後中央線内で人身事故がありました。
特急組はご愁傷さまでした(ry


また行こう、諏訪地方
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/02/17 18:03 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ