ZBS TIMES 【小旅行記】懐かしの湘南電車【横浜~熱海】
FC2ブログ
キャッシング講座

東方、鉄道とかそんな感じ。

【小旅行記】懐かしの湘南電車【横浜~熱海】

DSC02763.jpg

湘南電車に乗ってきました。
2/3のお話。

友A「3500円でいいから代わりに行って来い。」
MY「わかりやした」


そして本日

DSC02747.jpg

団体臨時列車に乗ることになりました。
本当に急ですね。

乗る車両は

DSC02748.jpg
113系電車。の湘南色。
東海道本線では2007年3月のダイヤ改正により、引退。
現在では千葉県で余生を送っています。

その113系が5年ぶりの東海道線での運転。

DSC02760.jpg
車内。度々113系自体には乗っているので懐かしさはさほどないry
定員は1両あたり120人前後。
今回の団体列車では160人ほどを募集。すぐに売り切れたそうです。

DSC02762.jpg
僕が乗るのは3号車。
モハ113-2072。普通の人はボックスシートに乗ります。

DSC02765.jpg
僕は優先席に座ります。
優先席で堂々と携帯を使える優越感に浸ります。

DSC02769.jpg
10時37分。横浜駅発車。

この後はノンストップで熱海駅に行き、
国府津→国府津車両センター→国府津→茅ヶ崎→横浜
と停車となっています。

DSC02768.jpg
発車後は弁当の配布がありました。
記念品として113系のポストカードみたいなものも頂きました。
時刻は11時前。食うには早いのでとっておきます

DSC02778.jpg
国府津駅で運転停車。奥の車両は東海の313系。
何かと思えば特急踊り子の通過待ち。
なぜ抜かされたし。

DSC02785.jpg
113系先頭車。
国府津駅発車後は切符にハンコを押すあれの体験。
検印っていうの?わからないですがw

小田原を過ぎ、海岸沿いを走り熱海駅に。

DSC02788.jpg
熱海駅では7分の停車。
隣には3両編成の211系。御殿場線より短いんですね。静岡内は。

DSC02790.jpg
熱海駅と言ったら電光掲示板のレベルの高さ。
この通り113系の顔を打ちこんでしまいます。

DSC02792.jpg
伊豆急線の方にはリゾート踊り子号で同じみのあの車両。
見向きもされていないのがかわいそすぎますw

DSC02800.jpg
折り返します。
まずは弁当です。しらすが踊っていますが特に問題なし。
もちろん優先席という特別な席で食べます。普通は出来ないですよ。ええ

DSC02801.jpg
小田原付近では小田急ロマンスカーの20000形RSEと並走。
出来たらLSEかHiSEが良かった。けどEXEよりましですねw

DSC02803.jpg
小田原通過後は700系新幹線も拝む。
なんか2000年頃に戻った感じですね

DSC02804.jpg
そして、気付いたら国府津駅。
折り返し、車庫に入ります。

DSC02806.jpg
まずはナハ区の205系。南武線のですね。
たまに来る川崎の使者(きむⅢ談)。点検とかはここでやるんですかね?

DSC02807.jpg
横コツには5年ぶりの里帰りとなった113系。
千マリ117編成は元は東海道線の車両。
2006年5月までは横コツ所属だったようです。

DSC02809.jpg
横コツでは10分ほど停車し折り返し。
E231系、E233系に見送られます。
あ、215系もいましたよw

国府津発車後は茅ヶ崎に向かいました。

DSC02811.jpg
茅ヶ崎では3番線、主に湘南ライナーに使われるホームに停車。
156名の貸し切りホームとなっていました。

DSC02812.jpg
やっとのんびり撮れました。
茅ヶ崎では35分停車。本線の方ではE231系が良く警笛を鳴らしていました。

DSC02813.jpg
この写真を最後にカメラ(のバッテリー)は息を引き取りました。

14時15分に茅ヶ崎を発車。
本線に戻り、横浜に向かいます。

14時30分には携帯電話のバッテリーも底に。充電を大切にね♪


14時40分。横浜に到着。
4分の停車後、回送で東海道線を上っていきました。


その後僕はメロブだのなんだの行って、遊んで帰りました。
余計な出費は620円だけ。よく抑えたww

ちなみに明日も運転が予定されています。

撮影される方はマナーを守り撮影してください。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/02/05 22:47 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新記事、カテゴリー

最新コメ、トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
プロフィール

ZeBon

Author:ZeBon
・ついったー
ZeBon1129
・ピクシブ
ZeBon@TNS
・Skype
zbs1129

月別アーカイブ